今日はバレンタインでーですね~
女性の皆さん、準備は万端でしょうか。

世の男性陣は、チョコレートを貰えるかどうかドキドキですね

残念ながら思いっきりその存在を忘れていた私としては、今日は早く退社して美味しいチョコレートをゲットしたいところです。もちろん、自分のためいつも頑張っている旦那のために…


ここへ遊びに来てくださる皆様のためにチョコレートを・・・は無理なので、せめて縞枯山のスノーシューハイクのレポでも、ということで記録をまとめました。

それではどうぞ。

まずはこの日のコースタイムから。

******************************************************************************************

ピラタスロープウェー終点 10:30 --- 縞枯山荘 10:50--- 雨池峠 11:10 --- 縞枯山 11:45 --- 展望台 12:20 --- 12:30 五辻への分岐 13:05 --- 13:40 五辻 14:00 --- ピラタスロープウェー終点 14:40

 行動時間合計 4時間10分(休憩含む)

******************************************************************************************


さて、2度目のスノーシューは北八ヶ岳にある縞枯山。
ここは、スノーシューコースとしてはかなりのメジャーどころ。
この日は、お天気も曇りの予報だったのでこの間のように展望狙いだとガックリ来そうだったので樹林帯の多い山にしました。
結果的には多少雲は掛かっていましたが、南八ヶ岳だけでなく、南アルプス、中央アルプス、御岳山、北アルプスとずらーっと見ることができました。

9時過ぎにピラタスロープウェーの駐車場に到着。
佐久ICから向かいましたが、この日は白樺湖を過ぎてから雪道になりました。
アイスバーンというよりは圧雪道路といった感じでした。写真はさすがに撮る余裕なかったですorz。
スタッドレスタイヤの性能もあってか、ブレーキとハンドル操作を同時に行わないようにしただけで結構順調に走ることができてひと安心です。
これくらいなら、何とか私でも運転できるようです。ほっ。

で、腹ごしらえしたり着替えたりしているうちに10時近くに…。
相変わらず、準備の遅い我々(爆
1本ロープウェーを見送って1番乗りにロープウェーに乗りましたが、100人乗りのロープウェーにはスキーを持った人がこれでもかと乗り込んできました。
でギュウギュウのロープウェーは終点で同じドアが開くため、最初に乗ってしまうと降りるのが最後の方になっていました。とほほ。

ロープウェーの終点に降り立つと、曇ってはいますがなかなかの眺め

スタート_南アルプス方面


どうかこのお天気が最後まで持ってくれますようにと祈りながら準備して出発です。
今日は、前回撮り忘れたスノーシューを撮影しましたよ。

スノーシュー


さて、まずは縞枯山荘に向かいます。
この辺は雪も締まってツボ足で十分でしたが、強引にスノーシューで歩きました。(笑
木々も雪をかぶって、クリスマスツリーみたいです。

ロープウェー-縞枯山荘_縞枯山方面


あっという間に山荘に到着です。
前回のように飲み物が取りにくくなる前に水分補給をしました。
今回は、ザックを降ろさなくても水分が取れるようにコップと水筒(お湯だけ500ml)とドリンクの元をザックの外ポッケに収納しておきました。
水筒の蓋をコップ代わりにしてもいいのですが、飲んだところがベタベタするのも嫌だったのでプラスチックのコップを別に持っていきました。

縞枯山荘


さて、縞枯山に向かって出発です。
少し進むと雨池峠の分岐に出ます。

雨池峠


ここからは樹林帯ですが、徐々に急になって行きました。
今回も途中からヒールリフターを使って登ります。
あと少し!というところで団体さんが降りてこられて、ご丁寧に道を譲って頂いたのは良かったのですが、その間ひたすら登り続けることに…。
途中で、お先に行ってくださいと譲っても、それでも登れと言われたんではさすがにバテます。
ホントはもっと鍛えとけって話なんですけどね…
お願いだから、私にも休息をください。

そんな団体さんとのすれ違いも終わればようやく縞枯山山頂です。
山頂標識もちょっと埋もれて、存在感がありませんでした。何だか、ちょっと可哀想な感じです。

縞枯山山頂


ここはあまり展望がなかったので、その先の展望台へ向かいます。
トレースはバッチリですが、一応コンパスで方向だけは確認してみました。
少しずつ読図も覚えないとね。
方向の確認はできるけど、自分の歩いた距離がどれくらいかイマイチ良く分かっていないので問題ですが…。

明らかに展望がよく、地図と同じで小さなピークらしい場所に出ました。
よく見ると、展望台への看板もありました。
で、展望台に行ってみると。
南八ヶ岳や浅間山や南アルプスがドドーンと広がっています。
いやぁ、来た甲斐ありました

展望台_南八ヶ岳方面 展望台_南アルプス方面 展望台_中央アルプス方面 展望台_浅間山方面


 左から、 南八ヶ岳方面、南アルプス方面、中央アルプス方面、浅間山方面

さすがに展望が良いと吹きっさらしなので、写真を撮ったら先に進みます。
五辻への分岐が来たところで休憩することにしました。
今回は、先日まゆ太さん のレポを真似てカステラにしました。
あの、断っておきますが、まゆ太さん達のように高級なものではありませんのであしからず。

五辻への分岐 五辻への分岐_カステラ


一息入れたところで五辻へ向かいます。
五辻では広ーい雪原だったので、ツアーさんの着けたトレースを辿って遊んでみました。
雪原では、ウサギさんの足跡がたくさんあってとてもにぎやかでした。
よく見ると、ウサギの足跡は木から木へ向かって延びていました。
身を隠しながら進んでいるのでしょうかね~。
いつか実物にお会いしたいものです

五辻_足跡


あんまりのんびりしているとロープウェーが終わってしまいそうだったので、戻ることにします。
ここから先は平坦でとっても歩きやすかったです。木の上にふわふわの粉雪がぽってりと乗っかっているのがとってもステキです

五辻-ロープウェー_木に積もった雪


途中、展望台のようなところでもお茶を飲んだりしてのんびりしながらも、あっという間にロープウェー乗り場まで戻ってきました。

思った以上の展望に満足なハイキングとなりました。
展望台から五辻までの間、西側の展望が非常に良く、もう少し晴れていれば中央・南アルプスがドドーンと迫ってきたことでしょう。
残念ながら、五辻に来る頃にはアルプスには雲がかかってしまいましたが。

五辻_南アルプス


帰りのロープウェーは私達だけで、係員の方とおしゃべりしながら降りてきました。
そうそう、このロープウェーに貼ってある展望写真はこのロープウェーから撮影したものらしいです。晴れているとこんなに見えるんだなぁと驚いてしまいました。

今回は特に困ったことは少なかったですが、ツアーの方が着けた、コースではないところのトレースに危うく進んでしまうところでした。
読図については少しずつ身に着けていかないといけないですね。身につくまではトレースのあるところのみに限定してハイキングを楽しみ似たいと思いマス。
でも、いつまでもトレースに頼っちゃいけないので早く一人前にならないと!ですね。

次はいつ行けるんだろう…
banner_04.gif クリックよろしくお願いいたします
Secret

TrackBackURL
→http://mountainskyflower.blog78.fc2.com/tb.php/104-8dba58e4