上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年度もスタートしましたね。
不慣れな環境でのスタートの方もいらっしゃるのでしょうか。
私の場合は、うちの会社では14日からが新組織のスタートになるので束の間ののんびりムードな仕事なのですが・・・。

ここのところ、風邪を引いたり、週末には何かしらどこかへ出掛けていることもあって全くといっていいほどレポが進んでいませんでした


で、ここへ来て少しずつですが書きかけては止まり、書きかけては止まりでようやく完成しました。
1ヶ月も前のレポですが、どうぞ。



この日のコースタイムは以下の通り。

******************************************************************************************

富士見パノラマゴンドラリフト終点 8:55 --- 入笠湿原 9:20--- マナスル山荘 10:15 --- 10:55 入笠山 11:40 --- 首切り清水 12:00 --- 入笠湿原遊

歩道合流 12:50 --- 富士見パノラマゴンドラリフト終点 13:20

 行動時間合計 4時間25分(休憩含む)

******************************************************************************************

入笠山に来たのは、何年か前にスズランを見に来て以来。
こんなんだったかな~?と思いながら駐車場まで来ました。

この日は良いお天気で向かいの八ヶ岳がハッキリ。
これは、展望が期待できそう

駐車場からの展望


ゴンドラにのって、終点まで向かいます。
ゴンドラ終点からは、この展望
うひょー、来た甲斐あったよ
ますます山頂が楽しみです。

ゴンドラ終点_展望


まずは、入笠湿原に向かいます。
雪はそんなに積もっていないのか、湿原の柵が辛うじて出ていました。
あちこちにある踏み跡を見て、自分もまねて歩いてみようかな~?と思ったのですが、先を行く方々がきっちりと柵の中を歩かれるのでそれに続きまし

た。
どれくらい雪が積もったら、湿原の中を歩いていいんでしょうね~?

湿原の中_振り返って


あっという間に山彦荘まで着きました。
ここで軽く水分を取ってから、せっかくの快晴が霞む前に山頂へ急ぎます。
ここからマナスル山荘までは、林道もしくは遊歩道歩きです。
我々は、最後のほうまで遊歩道を歩きました。

マナスル山荘の側に冬季用のお手洗いがあったのでお借りしましたが、冬季用のトイレは暖房つき
何か、自宅のお手洗いより設備整ってる??
スキー場ではない冬季用のお手洗いを今までお借りしたことが無かったのですが、これって当たり前なの??
思いがけないところで、リッチな気分になりました

一息入れたところで、入笠山に向かって登り始めました。
夏道でも登れたようなのですが、スノーシューではゴツゴツして登りにくそうだったので、夏に来た時にはスズランの群落があったところを直登しました。

マナスル山荘-入笠山_スズラン群生地


徐々に高度が上がるにつれて、樹林帯で隠れていた八ヶ岳が顔を見せ始めました。
うーん、いつもながらステキ
マナスル山荘-入笠山_八ヶ岳


山頂直下は、スノーシューには向かないんじゃないかと思えるくらい急登になりました。
ヒールリフター使っても、かーなーりきつかったです

マナスル山荘-入笠山_急登


この日はお天気も良かったので急登でヒイコラ言っていたらかなり汗だくになってしまいましたよが、ようやく山頂に到着です。

入笠山 入笠山_ポーズ 入笠山_この日のメニュー


山頂は360゜ぐるっと大展望です。やはり冬の方が空気が澄んで遠くの方まで良く見えます。

八ヶ岳
入笠山_南八ヶ岳


南アルプス方面
入笠山_南アルプス


中央アルプス方面?
入笠山_中央アルプス


ちょっとピンボケだけど、北アルプス方面
入笠山_北アルプス方面


お昼を食べながら、ぐるっと景色を楽しみましたが団体さんがやってきてにぎやかになってきたので場所を譲って出発です。
ここから先は首切り清水に向かって樹林帯を下ります。
気温が高いため、雪はベシャベシャと音を立てながら歩いていきました。

入笠山-首切り清水_樹林帯


首切り清水まで来ると後は八ヶ岳を見ながらマナスル山荘近くのT字路までひたすら林道歩きです。
この道には結構ウサギらしき足跡がたくさんありました。

首切り清水-T字路_林道 首切り清水-T字路_あしあと


マナスル山荘まで戻り更にリフト終点まで戻ります。

リフト終点に戻って来て初めて気づいたのですが、どうやらここにはmob君がいるらしいです
mob stopの標識がちゃんとありましたよ。

リフト終点_mob stop リフト終点_mobくん


なかなか可愛い雪だるまさんでした。でも、誰も遊んでいないのでちょっと寂しそうでした。
彼に声をかけた後は八ヶ岳を見ながらスノーシューを片付けてゴンドラに乗って車まで戻りました。


【感想】

歩行時間としては短めながら、八ヶ岳を中心にぐるっと大展望な山でした。
アプローチも高速降りてすぐにスキー場ですからかなり気軽にトライできる山ですね。
トレースについては、ここはそんなに心配もいらなのではないでしょうか。
ただ、スキー場も晴天率85%を謳うだけあってパフパフには程遠い雪質でした。
晴れていて、とにかく展望が欲しいときにはちょうど良いかもしれないですね。


やっと片付きました。
banner_04.gif クリックよろしくお願いいたします
Secret

TrackBackURL
→http://mountainskyflower.blog78.fc2.com/tb.php/117-ee3c0b37
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。