ようやく梅雨も明けましたね。
この3連休は、皆さんきっと縦走とか楽しまれたんでしょうね~。
かくいう私は、体調がいまひとつのところもあったのでこの連休は大型の山行は控えました。

で、コンタクトレンズを新調しようと思ってコンタクトレンズ屋に行き、眼科の診察を受けたら・・・。

先生: 『目、キズだらけじゃん。なにやったの?炎症とか起こしたことは?』
私  : 『は?ないです。』
先生: 『しばらくコンタクトは禁止ね。薬出しておくから。1~2週間で治るかなぁ?どうだろうね』

ちょ、ちょっとーー。どういうこと

身に覚えがまーったく無いんですが。って、あったらもっと早く眼科に来ていますがいな・・・。
やはり、1日18時間くらい使っていることとか、仕事でPC画面を瞬きもせずガン見しているのがまずかったのでしょうか??

と言うことで、ロクに見えない眼鏡じゃ話にならないので眼鏡を新調したり。日常の買い物やらもあわせて2日ほど使ってしまいましたよ。とほほ
といいつつも、残る1日は尾瀬にニッコウキスゲを見に行っていましたが。 もち、コンタクト使って(爆

新調した眼鏡もまだ手元にはないのでコンタクトレンズは必要なときだけ使うことにして生活しております。

なのでというわけではありませんが、ちょっとずつ書いていた平標山のレポを完成させました。
ボロ眼鏡では画面の文字がたいそう読みづらく、単調な文章になってしまいましたことを先にお詫びしておきます
それではどうぞ。
毎年6月の最終週に来るようになってもう3年目。
例年だと6月20日頃の週末がお花としては最盛期らしく、毎年ハクサンイチゲ&ハクサンコザクラのフレッシュな群落を逃しています・・・。今年もその時期に行くことは叶いませんでした。

なので、お花は期待半分、諦め半分で出掛けました。
が、が、開花が遅れ気味なのかなんとハクサンイチゲ&ハクサンコザクラが大群落で待っていてくれましたーーー!
これぞ、3度目の正直

毎年のようにバテバテになる山ですが、今年はどうなることやら・・・。

今回は、のんすけさんとヒジョーに残念なニアミスもあり盛り沢山な山行となりました。

で、この日のコースタイムは以下の通り。


******************************************************************************************
平標山登山口 6:20 --- 鉄塔 7:20 --- 7:55 松手山 8:05 --- 9:25 平標山 9:45 --- 10:45 仙ノ倉山 11:05 --- 平標山 11:55 --- 12:35 平標山の家 12:50 --- 平元新道入口 13:45 --- 平標登山口 14:40

  行動時間合計 8時間20分 (休憩含む)
******************************************************************************************

まずはテニスコートの先の登山道入口から松手山へ向かいます。

さてここからが本格的な登山道。もう3度目ですから、出だしから急なのは折込済み。
階段がお出迎えです。

登山道入口_松手山経由 登山口-鉄塔_登山道

この辺りではあまり花がおらず立ち止まる理由が無いので、仕方なく登っていきます。
な、なんだかこの時点ですでにバテ気味・・・。

少しずつ、ギンリョウソウやツツジが現れ始めました。

登山口-鉄塔_ギンリョウソウ 登山口-鉄塔_ブナ林 登山口-鉄塔_ツツジ 


徐々に高度を上げていくと所々に苗場側の展望が開けてきます。
徐々に視界が開ける場所が増えていく頃には足元にアカモノが上にはガクウツギが出迎えてくれるようになって来ました。

登山口-鉄塔_ガクウツギ 登山口-鉄塔_カラマツソウ 登山口-鉄塔_アカモノ
登山口-鉄塔_花1 登山口-鉄塔_ギンラン


時間にすると1時間ほどですが、どうにかこうにか鉄塔に到着。
すでにこの時点で足がプルプル。

鉄塔


と、とりあえずみずーということで補給。
ついでにこれから先のコースタイムを確認。 この間にのんすけさんに追い抜かれたようです。

休憩していたら、カタツムリ君発見。
今年は道に出ていなかったのでそのままにしておいてあげました。

鉄塔-松手山_カタツムリ

この日はなんだか暑くなりそうな予感。
水、各自2Lですが足りるかな。。。

人心地ついたらまずは松手山へ向かいます。
徐々にお花も増えてきました。特にアカモノについてはズラ~ッと群落が出来ていましたよ。

鉄塔-松手山_マイヅルソウ 鉄塔-松手山_アカモノ群落 鉄塔-松手山_アカモノ群落2
鉄塔-松手山_ベニサラサドウダン 鉄塔-松手山_ナナカマド 鉄塔-松手山_ウラジロヨウラク
鉄塔-松手山_シャクナゲ


地図では登山口から約2時間のようですが、1時間30分ほどで松手山に到着。
あれーー?そんなに早く歩けないんですけど・・・。ま、いっか。
昨年の記録を見ると、どうやら昨年も同じようなCTだったようです。

松手山

松手山からは苗場山方面が良く見えますが、この日は苗場山は雲の中でした。

松手山_苗場山方面

ここで、何となくゆるい気がする靴ヒモを結びなおしていざ平標山へ

また新たなお花たちが加わっていきました。

松手山-平標山_ツマトリソウ 松手山-平標山_コイワカガミ 松手山-平標山_ハクサンチドリ
松手山-平標山_オオバキスミレ

ふと、来た道を振り返るとなんとも気持ちのいい道です。

松手山-平標山_登山道


松手山から平標山はCTにして1:10程ですが、毎年必ず騙されるんですよね~。
もうすぐゴール!と思っていると登りきったあとに次のピークが見えてそれが平標山頂なんですよ。

下の写真は松手山から平標山方面を撮ったものですが、真ん中左のピークが山頂かと錯覚するのですが、実際は一番右端が平標山です。
分かっているのに、ぜいぜいと登っている間にやっぱり今年も騙されました・・・○| ̄|_ 
あまりにきつく感じて、つい期待しちゃうんですよね・・・

鉄塔-松手山_平標山への稜線

騙されてガックリきた体を慰めるようにこのあたりからチラホラとお花畑が広がり始めます。

まずは、ヨツバシオガマやハクサンチドリが咲いています。

松手山-平標山_ハクサンチドリ2 松手山-平標山_ヨツバシオガマ 松手山-平標山_コケモモ

途中何度か階段が現れます。

松手山-平標山_階段

平標山頂は最後階段を登りきった所にあるので、階段が出るたび『ああ、もうすぐ山頂かも』と騙されるワケです

何度か騙されている間にもお花畑が続きます。

松手山-平標山_ハクサンイチゲ 松手山-平標山_ミヤマキンバイ

この石が見えたらあと一登りで今度こそ山頂です。

松手山-平標山_標石

ハクサンイチゲのお花畑が最盛期を迎えています。

松手山-平標山_ハクサンイチゲ花畑
松手山-平標山_ハクサンイチゲ花畑2


今年もバテバテになりながらようやく山頂に到着!
な、長かった・・・。

平標山_ポーズ

まずはお腹へった!と言うことで、展望も無いことだし腹ごしらえすることにしました。
いつになくコンビニおにぎりが美味しかったです。

さて、腹ごしらえも済んだら今日のメインイベント仙ノ倉山への鞍部のお花畑へレッツゴー
下り始めると、でてきましたよ~。

まずはハクサンイチゲの群落から
平標山-仙ノ倉山_お花畑1
黄色いのはミヤマキンバイのようです。

更に下っていくと・・・。今日のメインイベント!
ハクサンコザクラの群落です。まさに3年目の正直!
ようやくハクサンコザクラの群落に出会うことが出来ました
平標山-仙ノ倉山_ハクサンコザクラ群落1

ハクサンコザクラちゃんはアップで見てもとーってもラブリーです
ハクサンイチゲのほかにチングルマやミヤマキンバイも群落を作っていました。

平標山-仙ノ倉山_ハクサンコザクラ1 平標山-仙ノ倉山_チングルマ 

鞍部まで行き、楽園を堪能した後は谷川連邦最高峰・仙ノ倉山に向かいます。
この先はハクサンイチゲのお花畑が多数ありました。

途中、ルートが葯90゜に曲がるところがあるのですがここで一組のカップルとすれ違います。
まずは男性が先に下りて来られたのですが、あれ?見たことあるなーって思い、次に女性が下りて来られたときに『もしかして??』と思ったのですが、この時は挨拶だけで終ってしまいました。

この方が、なんとのんすけさんだったのです!!
ガ~ン。2度目だったにぃぃぃ
のんすけさん、以前にすれ違ったときよりも数段お綺麗で雰囲気が全然変わっておられました。

すれ違ったあと、

 私 『今の人、のんすけさんかなぁ?』
旦那 『そう思うんだったら声かければ良かったのに』
 私 『だって、すれ違ってから気づいたんだもん』
旦那 『じゃあ、『のんすけさーん』って叫んでみれば?振り返ってくれたら、きっと本物だよ』
 私 『えー。いいよぉ、さすがにそこまでは・・・。大分離れちゃってるし』

とまあ、こんなやり取りをしていたのですが、ナリフリ構わず叫んでみれば良かったですね…orz。
声のデカさなら、自信あったのに・・・

教訓 : もしかして、と思った時はとりあえず声をかけてみるべし!!


さて、ガックリでしたが先に進むことにします。
何度かハクサンイチゲの群落が広っていました。

平標山-仙ノ倉山_ハクサンイチゲ群落1

ガスガスの中、仙ノ倉山頂です。
本日2度目のポーズです。え、そんなもん見たくないって。スイマセン。

仙ノ倉山_ポーズ

相変わらずここで展望に恵まれたことがありません。
時期が時期ですから無理も無いのですが、いつかここからドドーンと広がる稜線を眺めてみたいものです。

展望も無いのでご褒美のゼリーを食べたら稜線のお花畑に戻ります。
仙ノ倉山_ご褒美ゼリー

仙ノ倉~鞍部まではハクサンイチゲの他にツマトリソウやミヤマキンバイなんかが多かったです。

仙ノ倉山-平標山_ツマトリソウとミヤマキンバイ

そして、鞍部まで戻ってくるとハクサンコザクラちゃんの群落とは名残惜しいですがお別れです。
うう、また来年も会いに来るからね

仙ノ倉山-平標山_ハクサンコザクラ群落

さて、もう一度平標山に到着。展望はありませんが上空だけは青空がありました。

平標山_帰り

さて、ここからは松手山ではなく平標山乃家経由で登山口まで戻ります。
山頂直下は笹っ原なのでお花は少なめですが、山乃家に近くなるとコイワカガミやマイヅルソウなどがたくさん咲いていました。

平標山-平標山ノ家_イワイチョウ 平標山-平標山ノ家_ベニサラサドウダン 平標山-平標山ノ家_アカモノ
平標山-平標山ノ家_コイワカガミ 平標山-平標山ノ家_ワタスゲ 平標山-平標山ノ家_マイヅルソウ

しばらくして平標山乃家に到着です。
何年か前に立て替えられてすっかりキレイな小屋になっています。
そうそう、水場も以前は飲用不適みたいな張り紙がありましたが、今回は水質検査を受けたみたいで飲用OKになっていました。

平標山乃家

ここからはまた樹林帯の中を平元新道入口まで下りて行きます。

折り始めてすぐに一輪だけミヤマオダマキが咲いていましたが、このコースは割りと林道とかに咲いているような里山の花が多かったかな。 要は名前が分からない花が多いという事ですが・・・(爆

平標山乃家-林道出合_ミヤマオダマキ 平標山乃家-林道出合_花2 平標山乃家-林道出合_花3

途中で旦那が膝が痛いと言い出したので少しゆっくり目に下りましたが、1時間ほどで平元新道入口に到着。
平元新道入口

ここからは延々と林道を歩きます。
と、別荘地に入る少し前でなにやら新しい道が出来ているようです。
様子が分からないのですが、林道を歩いているよりマシだろうということで突っ込んでみました。

林道出合-登山口_新しい道入口

足を踏み込んでみると、本当に出来立てホヤホヤの道のようです。
途中で何度か細い川を越えていくので、増水しそうな時は通ら無い方が良さそうでした。

林道出合-登山口_登山道

この道は、木の整備などで使われている道を一部使用しているよう名のですが、これまで人が通ることが少なかったのかギンリョウソウがあちこちで大きな株を作っていました。

林道出合-登山口_ギンリョウソウ

実際、時間の短縮になっているかどうかは分かりませんが、疲れた足にはアスファルトの舗装道よりは土のある道の方が優しいのは間違いなさそうです。

テニスコート脇の道と合流して、ほどなく登山口に到着です。
ゴール


【感想】

3度目の山なのに相変わらずバテバテ。
今年は特に4,5月の山歩きが少なかったせいか体力が落ちているのかな?と感じました。
最も、年のせいというのが一番かもしれませんが…(爆

でも、ハクサンコザクラ・ハクサンイチゲの群落はこれまでで一番でした。
また来年も是非行きたい山となりました。

それにしても、のんすけさんとのニアミスは惜しかったー。
もしかして?と思うものの、確証を持つのはなかなか難しいものですね。
でも、次こそは3度目の正直となることを願っています。


やっと平標山完成。ふう。
banner_04.gif クリックよろしくお願いいたします
Secret

TrackBackURL
→http://mountainskyflower.blog78.fc2.com/tb.php/134-dc041888