上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はお出かけしなくて正解だったようです。
結構強く雨が降っております。

さて、すでに2ヶ月前の白山ですが、一気に書き上げてしまいましょう
ということで、2日目も完成させました。

それではどうぞ。
 1日目 はこちらから。

この山行でのコースタイムは以下の通り。

******************************************************************************************

★1日目(26日)
別当出合 7:50 --- 8:30 中飯場 8:40 --- 10:15 甚之助非難小屋 10:45 --- 南竜道分岐 11:05 --- 南竜ヶ馬場 11:45                                 行動時間合計 3時間55分(休憩含む)

★2日目(27日)
南竜ヶ馬場 5:45 --- エコーライン分岐 5:55 --- 室堂 6:50 --- 7:35 白山山頂 8:00 --- 室堂 8:25 --- (展望歩道) --- 9:50 南竜ヶ馬場 11:45 --- 南竜道分岐 12:05 --- 12:15 甚之助避難小屋 12:25 --- 別当覗 13:05 --- 13:35 中飯場 13:55 --- 別当出合 14:25       行動時間合計 8時間40分 (休憩含む)

******************************************************************************************

この日は3時過ぎに起床。
頑張って朝食や身支度をするものの、結局出発は5:45…。
もうちょっと早くならんもんかなーと思いますが、どこを修正してよいものやら…。
誰か秘訣教えてくださいm(__)m

ちょっとどんよりしたお天気でしたので雨が降らないことを祈りつつ御前峰に向かいます。
今回は、エコーラインから登ることにしました。

エコーラインはとっても整備された道でした。

  南竜ヶ馬場-室堂_エコーライン登山道

エコーラインの始めの頃のお花畑は背の高い植物が多かったので花があまり目立たない感じでした。

  南竜ヶ馬場-室堂_花1

徐々に高度が上がり、弥陀ヶ原に近づくにつれてチングルマとアオノツガザクラが見事なお花畑を作っていましたよ。あと、ミツバオウレンもひそやかに咲いていました。

  南竜ヶ馬場-室堂_チングルマ2 南竜ヶ馬場-室堂_アオノツガザクラ 南竜ヶ馬場-室堂_ミツバオウレン

徐々に日も昇ってくると、段々と青空が

  南竜ヶ馬場-室堂_上空

振り返ると別山がとてもきれいに見えました

  南竜ヶ馬場-室堂_別山方面2

これは期待できるかな。

いよいよ弥陀ヶ原に差し掛かり、登山道も木道になってくるとクロユリがあちこちで見られるようになって来ました。
もちろん、ハクサンコザクラも小さな群落を作っていましたよ。

  南竜ヶ馬場-室堂_ハクサンコザクラ 南竜ヶ馬場-室堂_コイワカガミ 南竜ヶ馬場-室堂_クロユリ1
  南竜ヶ馬場-室堂_モミジカラマツ

ゆるゆるとお花を眺めながら登って行くうちに室堂ビジターセンターに到着。

  室堂_室堂センター

ビジターセンターの周辺はまさにお花畑
色とりどりのお花が咲き乱れておりましたーーー

  室堂_イワギキョウ1 室堂_オンタデ1 室堂_ヨツバシオガマ
  室堂_クロユリ1 室堂_お花畑1 室堂_ハクサンコザクラ1

特に、目立ったのはオンタデとクロユリとハクサンコザクラでした。

ビジターセンターの裏に回りこんでいざ、御前峰に向かいます。
まだまだたくさんのお花に囲まれながら山頂を目指します。
目を引いたのはクルマユリのオレンジ色の群落でした。

  室堂-御前峰_クルマユリ 室堂-御前峰_ハクサンフウロ 室堂-御前峰_イワギキョウ
  室堂-御前峰_イワツメクサ 室堂-御前峰_ミヤマキンポウゲ 室堂-御前峰_コケモモ


しばらくすると、別山方面にかげりが見え雲が厚くなってきたみたいです。
今日は、快晴とは行かないみたいですね。残念。

  室堂-御前峰_別山と室堂センター


さすがに霊峰、登山道も石畳です。ここは参道なのだと改めて思いました。

  室堂-御前峰_石畳の登山道

そうこうしているうちに白山奥宮へ到着。小さいながらもとても立派な宮でしたよ。何といっても金ぴかの金具が眩しいデス。

  室堂-御前峰_白山奥宮

そこから左にちょっと進んで、白山の最高峰・御前峰です。
毎度お馴染みの後ろ向きティカータスポーズを記念撮影。お見苦しくてすみませんm(__)m

  御前峰 御前峰_ポーズ

山頂では雲が広がっていたため遠望は残念ながらナシ。
でも、隣の大汝峰や剣ヶ峰が良く見えました。大汝峰の雪渓が何ともステキな雰囲気。
もう一泊できたら行ってみたかったなー。

  御前峰_大汝峰 御前峰_剣ヶ峰

遠望も得られないのと、下山のこともあるので程ほどに休憩したら南竜ヶ馬場まで戻ります。
まずは、スッタカターとビジターセンターまで戻りましょう。
途中で行きには気付かなかった青石なる大きな岩がありました。

  御前峰-室堂_青石

あっという間にビジターセンターまで戻ってきました。
行きはビジターセンターを回り込んでお花畑経由で登ったので帰りはまっすぐ鳥居のところまで下りてきました。

  室堂_白山奥宮鳥居

この周辺にもクロユリがワンサカ咲いておりました。

  室堂帰り_クロユリ2

ホントに室堂周辺ではこれでもかー!という位クロユリが咲いていました。
クロユリそのものは色も地味だし、どちらかと言うと目立たないお花だと思うんですが、これだけ咲いていると圧巻ですね。
石川県の花といわれるのも分かる気がします。

ビジターセンターではお手洗いを借りたり、記念切手シートを購入したりしてちょっと休憩。
一息入れた後は南竜ヶ馬場まで戻ります。
帰りはエコーラインではなく展望歩道から戻りました。
トンビ岩コースには残雪があり、下りは結構怖いと隣のテントの方が話していたのを耳にしたので避けました。

さて、展望歩道へ参りましょう。

  室堂-南竜ヶ馬場_展望コース入口

大倉尾根分岐までは広いお花畑でした。
ここにはクロユリとコイワカガミとアオノツガザクラがたくさん咲いておりました。
クロユリ、どんだけーー

  室堂-南竜ヶ馬場_クロユリ群落 室堂-南竜ヶ馬場_コイワカガミ群落 室堂-南竜ヶ馬場_アオノツガザクラ

しばらくすると、ほんの数mのプチプチ雪渓がありました。

  室堂-南竜ヶ馬場_プチ雪渓 室堂-南竜ヶ馬場_オオヒョウタンボク

更に進むと大倉尾根との分岐です。

  室堂-南竜ヶ馬場_大倉尾根分岐

ここからは、ダダーっと下る感じです。
本来ならアルプスが見えるらしいのですが、このお天気では見ることが出来ませんでした。
大白川ダムは何とか見えていましたが。

  室堂-南竜ヶ馬場_大白川ダム

エコーラインとかと違って、急ですが土が多い道でした。
途中で団体さんが結構いらっしゃいましたが、何度か道を譲って頂き、スッタカターと下りてきました。
かなりゆっくり歩かれる団体さんだったので、譲っていただけなさそうな感じだったのですが、実際後ろに着いたらすぐ譲っていただけました。
この辺は、リーダーさんの指導がしっかりされている証拠ですね。ありがとうございました

お花のほうも、土が多いせいかエコーラインとはちょっと違う気がしました。
大して距離が離れていないにもかかわらず、花が違うのも面白いですね。

  室堂-南竜ヶ馬場_ナナカマド 室堂-南竜ヶ馬場_イブキトラノオ 室堂-南竜ヶ馬場_ダイモンジソウ
  室堂-南竜ヶ馬場_オニシモツケ 室堂-南竜ヶ馬場_テガタチドリ? 室堂-南竜ヶ馬場_マルバタケブキ群落 
  室堂-南竜ヶ馬場_カライトソウ群落

道が木道になってくると、南竜ヶ馬場はすぐそこです。
更にペースアップしてテントサイトまで戻ってきました

  室堂-南竜ヶ馬場_南竜ヶ馬場

山頂とお花畑を堪能した後は、今度は撤収に向けて準備です。
腹ごしらえをしつつ、テントを撤収します。

  南竜ヶ馬場_昼飯 南竜ヶ馬場_野営場

あとはもと来た道を戻るだけ。
帰りはさすがに足がつることも無く順調に進みます。

が、あと少しで中飯場という所で土砂降りの雨に。
最後はカッパを着て川になった登山道をコケないように下っていきました。

あまりの雨だったので吊り橋が見えた時は、嬉しかったです。

  別当出合_吊り橋

この後バスに乗って市ノ瀬まで戻ったあと永井旅館で汗を流し、白川郷をちょっとだけ見学して帰路に着きました。


【感想】

さすが白山、花の山ですね~
特にクロユリは、一輪ずつの花期は短いのかもしれませんが、場所を変えてあちこちで咲くのでこの山域全体では花期が長いのかもしれません。ホント見事でした
とりあえず、初めて行ったので無難にピストンにしてしまいましたが次行く時は別山や大汝峰にも行ってみたいです
でも、関東からは遠いのですぐに行けない所が難点ですが…。

あと反省としては、ここでもやはり脚力不足ですかね。
久々でしたよあんなに足攣ったの。
ま、このあと他の山でも何度も足つることになるんですけどね・・・
今年はダメダメな山行が多いです(爆

来年のナツヤマはもう少しマシにしたい!と誓うのでありました・・・。

ようやく完成…。
banner_04.gif クリックよろしくお願いいたします


Secret

TrackBackURL
→http://mountainskyflower.blog78.fc2.com/tb.php/141-f6e183a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。