最近は仕事のストレスからかなかなか出掛けるモチベーションが上がらない日々が続いていましたが、今年もいつの間にか春がやってきたようです。

春といえば、雪割草です!

今年は例年よりも1週間以上早くから開花したとの情報が。

3連休でもあったので、越後の花の山・角田山へ雪割草(ミスミソウ)に会いに行ってきましたよ~。
21,22日と新潟に行き、21日は角田山へ、22日は こちら の方にお会いして来ました
とっても充実した2日間でしたよ。

とりあえず、日を追って順にと言うことで角田山のレポから作りました。

それではどうぞ。
3連休のうち、真ん中の土曜日だけが晴れマーク。
先日から 輝ジィ~ジさん から雪割草の最新の開花情報をいただいていて、時期を見計らっていました。
それと、もうこの日を逃したら4月頭まで山にいけないので頑張って出かけましたよ。

今回のコースタイムは以下の通り。
ただし、今回はいつも以上にお花に足止めされた(特に下り)ので参考にならないかもしれません。

******************************************************************************************

桜尾根登山口 9:30 --- 灯台コース分岐 10:55 --- 11:00 角田山 12:00 --- 梨の木平 12:45 --- 角田山 13:25 --- 桜尾根登山口 13:00
                                   行動時間合計 3:30(休憩含む)

******************************************************************************************

桜尾根は普段山を歩かない人にもちょっと歩くだけでお手軽に雪割草に会えるルートです。
そのせいか2年前以上に道も荒れていて、あちこちにロープが張られています。
段差の大きいところには脚立を利用した梯子で補強されていました。

そもそも桜尾根は私有地らしいので地主のかたにしてみれば、私達は勝手に人様の敷地に入り込んで荒らしていくとんでもないヤツだと思われてしまうのでしょうね。
こんな看板が出ていました。

登山道注意書き

私有地だからではなく、山に入る人間のマナーとして守らないといけないことですよね。
改めて気をつけようと思いました。

この日は晴れているものの海からの風が冷たくてなかなか気温が上がりません。
雪割草も寒いせいか縮こまっているようでした。

蕾 雪割草・カタクリ 

徐々に高度を上げていくと今度はカタクリがそこかしこに。
カタクリもまだまだ寒いよーといわんばかりにほとんどが蕾を閉じたままです。

蕾 カタクリ


あまり花が開いてなくて順調に進みます。
途中で、スミレやナニワズ、オウレン、ショウジョウバカマなどがポツポツ見られました。

スミレ  ナニワズ エンレイソウ
ショウジョウバカマ オウレン

意外に早く山頂に到着。

山頂

眼下に海を見ながら早いお昼で暖かくなるのを待ちます。

1時間ほどして大分暖かさを感じるようになったので灯台コースへ下山を開始。

しばらくすると2年前にカタクリの絨毯だったところに出ますが、半分近くがまだ蕾でした。

カタクリロード

灯台コースには今回の目的の雪割草があまり咲いていないので残念に思っていたところ、途中でコシノカンアオイを発見!
とても変わった花のつき方で、葉っぱの方を知らなければ見落としてしまいそうな感じです(笑
それと、大分暖かくなってきたせいかキクザキイチゲも花が開き始めました。

コシノカンアオイ キクザキイチゲ

どんどん進んでみますが、どうやら灯台ルートは今回の目的である雪割草にはまだ早かったみたいです。
ならば、もと来た道をピストンすれば朝は蕾だった花も開いているかな?と欲望がムクムクと・・・

となれば、テキトウなところで折り返すことにしました。
今回は、先日誰かの心無い仕業で立派な梨の木が切り倒されてしまったという梨の木平で折り返すことにしました。(灯台コースのおおよそ中間地点になるらしいので)

問題の梨の木のところまでやってくると・・・。
確かに見晴らしは良いのですが、何とも梨の木が無残な姿に…

梨の木 梨の木_注意書き 梨の木平_佐渡島

ホントにひどいことする人いるんですね。
木には何の罪もないというのに…。せめて切り株から新しい芽が出て再生してくれることを願うばかりです。
梨の木を切り倒したのは佐渡を見渡せるようにしたかったのだと思いますが…。
山は下界とは違います。人間のエゴを自然に押し付けるのはいかがなものでしょうか。
自然にはたった1度のダメージが致命傷になることがほとんどです。
自戒をこめて、マナーを守った山登りをすべきだと思います。

とちょっとシリアスなお話になってしまいましたが、角田山山頂から桜尾根に下りてくると朝には気付かなかったたくさんの雪割草が顔を覗かせていましたよ。

もう、写真撮りまくりです

雪割草_青 雪割草_ピンク 雪割草_白
雪割草_白2


周りの方も同じ様にしゃがんで写真を撮っていらっしゃいました。

撮りながら降りてきたらあっという間に登山口まで戻ってきていました。


【感想】

今年もたくさんの雪割草に出会えてとっても幸せだなーって感じます。
出だしはほとんど花が開いてなくてがっかりでしたが、日が高くなって暖かくなってきたら行きには気付かなかったところにもたくさん雪割草が咲いていて、太陽って偉大ですね。

最新の開花情報を下さった輝ジィ~ジさんに、感謝・感謝です
また来年も是非会いに行こうと改めて思いました

それから、梨の木の姿といい、登山道の注意書きといい、今回は山に入るマナーを考えさせられました。
自分達から見ればたまの1度でもそれが度重なれば山には大きなダメージが。
皆に愛される山であればこそ、マナーを守って後世に残せるようにしなくてはと思いました。

まだ筋肉痛が治ってません…(^^ゞ
banner_04.gif クリックよろしくお願いいたします


Secret

TrackBackURL
→http://mountainskyflower.blog78.fc2.com/tb.php/157-740201f5