上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰しております。

先週、屋久島から1ヶ月ぶりに山歩きして来ました。

久しぶり過ぎてどこに行こうか悩みに悩んで行った先では素晴らし過ぎるサプライズ!

そう、もう散ってしまったかなと諦めて気味だったシロヤシオと
私の理想のこちらのご夫婦とのバッタリ!

このときの時間は濃密過ぎて今でもあれは夢!?と思える程です(笑)

一緒に下山した中でお話したことはホントに参考になることばかり!

sanaeさん、トシちゃん楽しくてためになるお話ありがとうございました

お陰さまで、久しぶりにレポを書こうという気にもなりました。

久しぶりのレポで、ちょっと大雑把な部分があるかと思いますが、どうぞ。

この日のコースタイムは以下の通り。

**********************************************************************************************************

西丹沢登山教室 6:55 --- ゴーラ沢出合 7:30 --- 8:10 展望園地 8:20 --- 石棚山稜分岐 9:20 --- 9:40 檜洞丸 10:15 --- 神ノ川分岐 10:50 --- 12:10 犬越路 13:00 --- 用木沢出合 14:00 --- 西丹沢登山教室 14:30

行動時間合計 7時間35分(休憩時間含む)

**********************************************************************************************************

今回はシロヤシオ見ようということで檜洞丸にしましたが、先週見頃と言われていたのでどれだけ残っているのか気がかりでした。
それに、1ヶ月ぶりの山歩きでこのコースを歩き切れるのか?
かなーり不安…。
ダメならつつじ新道ピストンのつもりで歩き始めました。

数年前にも来ていたのに全然記憶がありません
ゴーラ沢出合までは緩やかな登りです。新緑も久しぶりだ~

ツツジ新道-ゴーラ沢出合_登山道


この時、展望園地まで1時間だと思い違いをしていて、やっぱり久しぶりだと進まないなぁ
とちょっと凹んでました

ゴーラ沢出合からはここまでの分を取り戻すかのように傾斜がきつくなります。

登山口から1時間20分位経ってもなかなか展望園地に着かなくて、へこたれ始めた頃ようやく展望園地へ。

ここから富士山が見えるので期待していたのですが、あいにく店仕舞い…。

展望園地_展望


でここで地図を確認してびっくり
あれま~
ここまで2時間でした

ということは飛ばしすぎ!?
久しぶりのわりに歩けている自分にホッとしますが、地図で見るとここからは更に急な登りのよう。
シロヤシオの咲き具合が気になりますが、マイペースを心がけて登ります。

すると、石棚山稜分岐のちょっと手前辺りからミツバツツジが現れました。

展望園地-石棚山稜分岐_ミツバツツジ1

この辺りはミツバツツジもやや盛りを過ぎた模様。
し、シロヤシオはどうなんだ!?
すると…

展望園地-石棚山稜分岐_シロヤシオ1

キターーー
よく見ると、こちらも盛りを過ぎていました。
でも、まだ残っててくれたよ~

更に登っていくと、どんどんシロヤシオとミツバツツジが現れます。
この辺りから、歩みが亀と化しました…。

この日一番のシロヤシオは山頂直下の木道付近でしたよ。

石棚山稜分岐-山頂_シロヤシオ

来た甲斐あったよーーー

すっかり気を良くして山頂に向かいます。

山頂_標識

山頂ではいつも通りのコンビニおにぎりと味噌汁でエネルギー補給。
そろそろ暖かくなってきたのでご褒美ゼリーも持参。
やっぱ、これよねー

山頂_ゼリー

休憩していると段々体が冷えてきたので出発することに。
久しぶりなので、体の調子と相談して下山ルートを決めることに。
私も旦那も特に問題なさそうなので、予定通り犬越路へ向かうことにしました。

ここからは、痩せた道で鎖場もあるので気を引き締めて下ります。

山頂_注意看板

数年前に来た時は下り初めから急降下で滑り易い道でしたが、今回は随分整備されていました。
滑りそうなところには階段が出来ていて、大分楽させてもらいました。
といったところで、このコースは長丁場。最後まで持つかな??

山頂-神ノ川分岐_整備された登山道

ここからしばらくはミツバツツジとシロヤシオのコラボレーション。
ああ、キレイ。癒される~

山頂-神ノ川分岐_シロヤシオ

山頂-神ノ川分岐_ミツバツツジ

熊笹の峰らしきピークを過ぎるとまずは神ノ川分岐。

神ノ川分岐

ここから大こうげを過ぎ、小こうげに向かう間もまだまだツツジロードは続いていますが、徐々に見頃が過ぎかけたシロヤシオ・ミツバツツジが増えてきます。

それでも、まだまだキレイで足を止められっぱなし(笑)

大こうげ付近_シロヤシオ

大こうげ付近_ミツバツツジ


そうこうしているうちに、本日の核心部の梯子・鎖の急降下が始まりました。

大こうげ付近_梯子

大こうげ付近_鎖

梯子のところで先行しているご夫婦に追いつきましたが、自分達が降りた頃にはまた離されてしまいました。

ご主人が振り返って奥様を見守っていらっしゃいました。
ご主人がいつも拝見しているブログのご主人に似てるな…と思ったのですが、奥様の顔は拝見できなかったのですご~く気になりました。

こちらのご夫婦とは追いついては離されるを犬越路まで繰り返しました。 

この辺りはホントに急下降で前日の雨で地面が乾ききっていないせいか、滑りそうになるのですごい必死で降りてました。

途中の鎖場で先行しているご夫婦の奥様のお顔が一瞬見えました。
『やっぱり、似てる!』

そうとなったら何とか追いつきたいんですが、お二人は追いつきそうで追いつかないんですよホント。
傾斜が緩やかになったらあっという間に見えなくなっちゃったし…。

こうなったら犬越路で声を掛けるしかない!!
私達は犬越路で休憩しないととてもじゃないけど歩ききれなかったので、このお二人が休憩していてくれることを願いながら進みました。

小こうげを過ぎると傾斜も緩やかになり犬越路に到着です。

ああ~、きつかった~

あ、先ほどのご夫婦の旦那さんが休憩しておられます。
思い切って話しかけてみました。

親切にも『追いつかれたら、写真を撮ってあげようと思っていたのに』と仰ってくださったのですが、
我々にはあのスピードが精一杯なんです…

すると、奥様も戻ってこられました。
『やっぱり似てる…』
お一人だけなら他人の空似も大いにあると思いますが、お二人とも似ているということはそうそうありません。

ええい、ままよ!

思い切って、単刀直入に聞いてしまいました。『もしかして、sanaeさんですか?』と。

そう、お若い時から山に登られて、今も尚登り続けていらっしゃる sanaeさん&トシちゃんご夫妻

そしたら、な~んとご本人でしたよ!!! きゃ~、うれし~

 違うっていわれたらどうしようかと思った…

もう、舞い上がっちゃって。大変です…。
色んな山の話やブログのお話をさせていただきました。

犬越路_記念撮影

うるさかったんじゃないかと思うくらい話し続けた上に、ご一緒に下山することに。

お二人に先頭を譲っていただいたのはいいのですが、さっきのお二人からしたら我々のペースは遅いんじゃないかとちょっとドキドキしながら降りていきました。

案の定、我々的には結構頑張っていたのですがお二人は余裕でついていらっしゃいました。
私達は途中でズッコケタたり足に疲れが出ていたのですが、その隙のないしっかりした足取りに『下りは技術』という言葉が浮かびました。

用木沢出合に近づいてくるとなだらかな川沿いになってようやく余裕が出てきました。

橋を渡るsanaeさん
犬越路-用木沢出合_sanaeさん

続いてトシちゃん
犬越路-用木沢出合_トシちゃん

楽しく降りてきたのであっという間に用木沢出合です。

用木沢出合

ここからはアスファルトを延々と歩きます。
前は照り返しも強くて暑くて足が痛くてで、いいイメージがなかったのですが、今回は照り返しもなく4人でおしゃべりしながらなのであっという間に西丹沢登山教室まで戻ってきました。

ゴール_西丹沢登山教室


ここで、お二人の恒例のお疲れ様の握手をしてもらいました。おお~、生握手だ!
なのに、私ったら手袋したまま握手してしまいました…。sanaeさん、トシちゃんごめんなさい
今度お会いした時はちゃんと外して握手しますね~。

久しぶりの山歩きで途中でメゲるんじゃないかと密かに不安でしたが、サプライズがとんでもなく後押ししてくれました
特に下山!

ホンモノのお二人はブログで拝見している以上にステキなお二人でした。
たくさんの人がお二人の周りに集まってこられるのも当然だなと改めて思いました。

楽しくて気さくなのはもちろん、お話している端々から知的さが溢れてましたよ。
なんかねぇ、ちょっとした着眼点が違うっていうんでしょうか。
ますます、憧れました! お二人は山登りの姿勢も、夫婦としてのあり方もとてもステキな方でした
お前が追いつけるわけないだろう!というツッコミなしで(爆

ここ1年ほど仕事が忙しかったのもありますが、ブログに手が回っていなくて放置しっぱなしだったのが気になっていました。
お陰様で今回のサプライズによってこの日の感動を記録に残そうという気力も沸きました。
この調子で、もとの生活に戻れると良いな。

最後に、お二人に出会えて楽しくて、嬉しかったです。
またどこかの山でお会いできた時は、ちょっと(?)うるさいヤツですがまたお相手してくださると嬉しく思いマス

久々のレポ、書けて良かった
banner_04.gif クリックよろしくお願いいたします

Secret

TrackBackURL
→http://mountainskyflower.blog78.fc2.com/tb.php/173-d9b63505
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。