昨年10月の痛恨の一撃からはや5ヶ月。
ほんっとに長い休養から、ようやく始動!
待っていました、この時をってもんです

記念すべき復活第1回山行は"高尾山"に決定!!
高尾山といえば、「ハナネコノメ」
どうせ行くならやっぱりこの「ハナネコノメ」に会いに行かないとってことで、ネットで情報をゲットしました。
すると、すでに2月の終わりごろから咲き始めているとのこと。
これは急がねば!ということで、3月10日(日)に出かけてまいりました
今回は、ネットで日陰沢でハナメコノメが満開だとの情報を元に、下記のルートを選択。

高尾山口 8:05 -(6号路)- 9:55 高尾山 10:15 -- 11:00 城山 11:50 -(日陰沢林道)- 12:40 林道(車道)合流 -- 13:20 日陰バス停 -- 梅林遊歩道 -- 14:35 高尾山口


このコースは基本的にはとても歩きやすい道ですが、日陰沢林道で車道と合流するまでが時間にすると短いですがかなりの急坂で、ひざに不安のある方はサポーターやストックを併用されることをお勧めします。

この日は、いつも履いている登山靴がソール張替えに出かけてしまっているので、先日のニューフェイスをデビューさせました

20070314003307.jpg



本当に久しぶりの山登りだったので登山靴を履いてフラットフッティングをするのにしばらく手間取ってしまいました(汗
膝と足首の動きが何だかぎこちなかったです。

6号路にもハナネコノメがいるということは知っていたので取りあえずそこまで向かいます。

登山道への入口

20070314003345.jpg


琵琶滝

20070314003407.jpg


この辺りでは、ゆりわさびが多く咲いていました。

20070314003330.jpg


そして、ほどなく。
いました、いました!ハナネコノメです

20070314003528.jpg


6号路のハナネコノメはまだまだつぼみも多く見ごろはこれからのようです。チョット早かったかな。

歩き始めて1時間ほどで1号路と6号路の分岐です。
写真ばっかりで、ここまではかなーりのんびりペースです。

20070314003545.jpg


そして、山頂付近ではダンコウバイ(?)が咲いておりました。

20070314003559.jpg


そして、山頂です!

20070314003658.jpg


ここは、売店やビジターセンターがあるのですがチョット早かったらしくまだ開いていませんでした。人もまばらでしたし…。

そうそう、ここには石に守られた三角点があります。

20070314003618.jpg
すみません、何等だかは確認しませんでした。

この山頂の南側(?)の展望です。
その中になんと富士山も!!
見えるかな。真ん中の白っぽいところが富士山です。

20070314003725.jpg


ここで、小仏城山に向かうべく軽く休憩しました。
ここから小仏城山までは小さなアップダウンを繰り返しますが、ほとんど全てに巻き道がついています。
が、我々はトレーニングも兼ねて巻き道へは行きませんでしたよ。

途中、一丁平を通り

20070314003737.jpg


ここにはベンチなどもある広場になっていて桜の季節にはお花見にもってこいの場所のようです。とはいっても、桜はまだまだのようでしたが。

そして、程なくして小仏城山山頂です。

20070314003750.jpg


ここで、少し早いですがコンビニで調達してきたおにぎりとインスタント味噌汁で昼食にしました。
暖かくなったとはいえ、じっとしてるとさすがに寒かったです。

この山頂には、売店もありますが花壇もあって水仙と梅が植えてありました。

20070314003806.jpg


梅はこのときで3分咲きといったところでしょうか。

20070314003819.jpg


落ち着いたところで、ここからは初めてのルートとなる日陰沢林道へ向かいます。
初めての道なので、気を引き締めなおして出発です。

この日陰沢林道は基本的には踏み跡もしっかりしたルートで間違えることはないと思いますが、最初にはしつこいくらいあったマーキングが中央道と平行に進む稜線の途中からぷっつりと無くなったため、バリエーションルートに迷い込んだのかと思ってドキドキしてしまいました。
大きく右に折れる場所にマーキングを発見したときには、かなりホッとしました。
また、このマーキングがない辺りは急坂になっていて、ひざに不安がある方はサポーターやストックを使用することをお勧めします。
どんくさい私は、1回こけました。 ←あほだなぁ…

そうこうするうちに、車道との合流地点に出ました。
この辺りにくると、ここまで車でこられたカメラマンがたくさん撮影に興じていらっしゃいましたよ。

この辺りにはアズマイチゲが点在していて、かなり萌え~な感じです。

20070314003859.jpg


うちに帰ってから写真を良く見ると…
ん、これはキクザキイチゲでしょうか?もし、間違っていたら遠慮なくご指摘ください。

20070314003914.jpg


ここから先に川岸へ向かう遊歩道がついているのですが、この終点にネットの情報にもあった通り、
いましたよ~~~

ハナネコノメの群落が!!!
うおおおーーー、って思わず叫んでました

20070314003944.jpg


もういっちょ、

20070314004000.jpg


情報の通り、こちらの花は6号路と比べると真ん中の赤い葯の部分が無くなっているものが多くやや見頃を過ぎている感じでした。
が、それでもまだまだこの子達はとっても可愛いです

そして、私も初めて出会ったのですが「コチャルメルソウ」もたくさんいましたよ。ネットで見なければちょっと見落としていたかもしれません。でも、これも小さくてよく見ないと分からないけど、何だかユーモラスで可愛いです

20070314004030.jpg



このほかにも、少し気の早いニリンソウを見つけることが出来ました。

20070314004046.jpg


おそるべし、日陰沢林道
きっと来年もまた来るよ、と誓ったのでした。

ただ、この辺りは小さな花が分別なくそこらじゅうに咲いているので、くれぐれも踏んだりしないように、足元に注意が必要です。


さあ、後は登山口だけ戻るだけっと思ったのですが…。
途中の道路わきにも春のお花たちが競演していました。

名前はわからないけど…

20070314004103.jpg


オオイヌフグリの群落とまたまたわからないお花…

20070314004147.jpg


なんと、民家の庭にまでアズマイチゲが!!
野草じゃなかったっけ?

20070314004226.jpg


途中から、梅林遊歩道を通っていくと…。
我々の歩く先で、おば様方が何やら写真撮影中。
何だろうと思って近づいてみると…。

何と、ヤマエンゴサクです。

20070314004240.jpg


それから、コミヤマカタバミ

20070314004258.jpg



教えてくださった方、ありがとうございました

私たちが写真を取っている間に、このおば様方はさらに先で写真撮影中。
またまた、近づいていくと…。
今度は、な、何と!
あのキバナノアマナですよ
私、これまで本でしか見たことなかったのですっごい感激でした

あ~、なんてラブリーなお姿!かなり萌えました、ハイ。

20070314004310.jpg


このルート、最後の最後までかなり侮れません!!
ますます、来年も!と思いました

大満足な一日の最後には、こんな癒しの猫たちが…
私は君たちがちょっぴり羨ましいぞ。

20070314004344.jpg
 ふぁ~って顔だね

20070314004408.jpg
 何だよ~って不機嫌にならないでね。

ほんっとに復帰第1回目としては大満足の山登りでした
高尾山、おそるべし。

次はどこにしようかしら。
でも、レポまとめるのってやっぱり大変ですね。

あ~、やっと山登りの記録をアップできた
banner_04.gif
 クリックよろしくお願いします。
Secret

TrackBackURL
→http://mountainskyflower.blog78.fc2.com/tb.php/29-b9869ee9