2007.04.17 角田山 482m
もう1週間以上も経ってしまいましたが、4月7日に角田山に行ってきました
今回は、埼玉からはかなり遠い新潟県にある角田山に私がどーしても見たかったミスミソウを見に行ってきました。

かなり見頃は過ぎていてギリギリ間に合ったかなという感じでしたが、私にとっては初めてミスミソウをナマで見れて、大感激、大満足な山行となりました。

きっと、来年もまた行くことでしょう。ハイ。
今回は、関東のお天気がなのでどうしようかなぁと思っていたら、なんと新潟がマーク!
あちこちのHPを見ていたら先週ミスミソウを見たという報告があるじゃあないですか!!
今年はもう終わっていると思っていたのに、こ、これは、チャンスか!?
取り合えず、旦那を誘ってみました。
今年の春山の雑誌を見せながら、
「新潟、明日晴れだよ~。ミスミソウ、先週でも結構見れたってよ~。ちょっと遠いけど、土曜日だし日曜日にゆっくり休めば大丈夫だよ。」

旦那:「新潟までどれくらいかかるの?」
私:「高速使えば4時間くらいかなぁ」
旦那:「遠いなぁ・・・」
私:「え~、行こうよぅ、行こうよぅ、・・・(以下しつこくリフレイン)」
旦那:「しょうがないなぁ」


と、こうして出発するに至ったのでした

と、前置きが長くなりましたが。

今回のコースは以下の通り。

桜尾根登山口 8:50 --桜尾根コース-- 10:50 角田山山頂 11:40 --灯台コース-- 13:30 桜尾根登山口  合計4時間40分(休憩含む)

今回は、特に山頂までは写真ばっかりで私たちとしてもかなりのゆっくりペースです。
あまり、参考にはならないかもしれません。

まず、この桜尾根コースについてはガイドブックなどには載っておりません。
が、登山口さえ分かればあとは道なりに進むだけです。
本当は、教えないほうがいいのかもしれませんが、お出かけになる方は十分にマナーを守って登山を楽しんでください。

登山口の駐車場の車の陰に登山口があります。

角田山登山口駐車場


角田山では、メジャーなコースではミスミソウの盗掘が激しく、4,5年前から登山道脇を中心に増殖を行っているそうです。
静かに見守って、後世にこのかわいいミスミソウをいつまでも残していきたいですね。もちろん、登山道から外れて踏み荒らすのもやめましょうね。

駐車場は、海水浴場の駐車場も使えるのでかなりの台数が停められます。この日、灯台コースから戻ってくると観光バスが3台くらい停まっていました。

角田山海水浴場駐車場



話はそれましたが、この登山道を進んで5分もたたないうちに
本日の主役登場です

最初は、少しだけなのかな?と思っていたのですが、よくよくまわりを見渡すと・・・。
いるわ、いるわ。うがーーー!来た甲斐あったよ!マジで。
くぅ、かわいい
もう、バシバシ写真撮りまくりです。でも、ピンボケばっかりだったorz
あ、登山道からは外れていないですよ、念のため。

角田山_ミスミソウ1

角田山_ミスミソウ3

角田山_ミスミソウ4

角田山_ミスミソウ5



でも、なぜか私たち以外の方々は、こーんなかわいいミスミソウを素通り。立ち止まりすらしないんですよ。興味ないのかなー
どうして?もしかして、この先にもっと大きな群落があるのか!?
なぞは深まるばかり・・・。

ミスミソウのほかには、カタクリや初めて見るショウジョウバカマもいましたよ。ショウジョウバカマって結構大きいんですね。
もっと、イワカガミみたいな小さいのを想像してました。

角田山_ショウジョウバカマ1


徐々に登っていくと、だんだんミスミソウが減ってきてカタクリが幅を利かせてきましたよ。
山頂付近に近づくにつれて・・・。

角田山_カタクリ群落1


今度はカタクリの大群落です!!!
このカタクリはこの後、灯台コース中盤まで続いていました。

山頂に着くころには、見飽きたよって言えるぐらい咲きまくっていました

このカタクリの群落に混ざって、キクザキイチゲもたくさん咲いていました。

角田山_キクザキイチゲ白1


私としては、初めて青いキクザキイチゲを見ました。

っていうか、こんなに普通にキクザキイチゲが咲いてる状態が初めてです

角田山_キクザキイチゲ青1


そのほかにも、ミチノクエンゴサクやハナイカリ、バイカオウレン、エンレイソウなども見ることが出来ました

角田山_イカリソウ1
イカリソウ

20070417002712.jpg
ミチノクエンゴサク

角田山_エンレイソウ1
エンレイソウ

角田山_バイカオウレン1
バイカオウレン


そんな花たちに足止めを食らいながらも、山頂です。

角田山_山頂碑


ここは、本当に広い山頂で、思わず「宴会場か!?」と思ってしまいましたよ。だって、周りの皆さん鍋やら焼肉やらビールやらでほんとに宴会してるんだもの・・・。

角田山_山頂広場


でも、我々は相変わらずコンビニおにぎりとインスタント味噌汁です・・・orz

腹ごしらえも済んだところで、灯台コース経由で駐車場へ戻ります。
ここからしばらくは、カタクリロードを進んで行きます。

角田山_カタクリロード1


こちらのコースにもミスミソウはいるのですが、日当たりが良くすでに見頃を終えたようでした。
それから、灯台コースのミスミソウは何故か白い花のものが多かったです。

角田山_ミスミソウとカタクリ1


カタクリロードを過ぎ灯台に近づいていくと、海岸沿いらしく岩々で片側が切れ落ちた道になってきました。見晴らしはいいのですが、つまづいて転んだら・・・

角田山_灯台コース岩場



あ、本当にヤバイところには手すりや柵があるので安心して下さい。
私は、転んで痛い目(!?)にあっているのでちょっとナーバスかも・・・

角田山_灯台コースと海


海を見ながら下っていくと、灯台に到着です。
灯台を過ぎて、海水浴場の駐車場を通り過ぎて道路に出ればゴールです。

いや~、時間的にはそんなに長くはなけれどなかなか変化に富んで良い山でした。
でも、ミスミソウを素通りしている理由はやっぱり分からないままでした・・・。
みなさん、カタクリがお目当てだったんですかねぇ??



*** おまけ ***

あまりにミスミソウが可愛かったため、ほかのコースにもいるんじゃないかと浦浜コースと五ヶ峠コースにも少しだけ回ってみました。

◎浦浜コース
浦浜コースはカタクリがほとんどで、1箇所だけキバナノアマナがいました

角田山_キバナノアマナ1


あと、ナニワズもいましたよ。これも初めて見ました

角田山_ナニワズ1


◎五ヶ峠コース
五ヶ峠コースには見頃を過ぎてはいましたが、ミスミソウが少しだけ咲いていました。

角田山_ミスミソウ_五ヶ峠コース1

角田山_ミスミソウ_五ヶ峠コース2


こちらのコースには監視員さんがいて盗掘を未然に防ぐ努力をなさっていました。

私たちが見に行ったときには、もう午後3時を回っていたため人もまばらだったのですが、監視員さんがいきなり、

「見つかると盗掘されるから、可愛そうだけど摘んでしまったミスミソウをあげるよ!」

ええっいや、だからって摘んでしまうのは・・・
お話を伺ってみると・・・、

「この辺りは、登山道沿いに増殖をしているんだけど、(摘んだ花は)園芸種が咲いてしまい、物珍しさにまた盗掘に遭うともう来年は咲かなくなってしまうので(存在を隠すためにも)摘んでしまうんですよ」

とのこと。また、ミスミソウは球根で増えていくので花を摘んでも大丈夫なのだそうです。だからって、登山者が摘むのは絶対にいけません。

もらったお花
角田山_ミスミソウ_五ヶ峠コース_もらった花1


それから、コバイモも少しだけ咲いていました。
これも初めてのお花

角田山_コバイモ1


頂いたミスミソウは、せっかくの犠牲を無駄にするわけにはいかない!ということで、紙コップに水を張り大事に家まで持って帰りました。
ミスミソウは意外に強くて、1週間くらい元気に咲いていました。

角田山_ミスミソウ_もらった花_花瓶1



このあと、お家に着くまでが長かった~。
高速道路は約50Km毎に仮眠して帰りました
やっぱり、思いつきで行くには新潟下越地方は遠かったです。


やっとレポに出来て一安心。
クリックよろしくお願いいたします。
banner_04.gif

Secret

TrackBackURL
→http://mountainskyflower.blog78.fc2.com/tb.php/34-0b08c63c