とうとう、この日がやってまいりました!

秩父七峰縦走ハイキング大会!
20070425225942.jpg




とにもかくにも、果たしてどこまで歩けるのか?を試しに行ってきましたよ
まずは、結論から。

1. とにかくキツイ 
  思った以上にアップダウンが激しく、舗装路歩きがほとんど。アスファルト耐性が必要です。
2. とにかく長い 
  そりゃそうだ、42.195Kmだもん
3. 人が多い 
  8000人もいっぺんに歩けば、そりゃあねぇ・・・

に尽きます。
でも、今回のこのコース自分の実力を試すにはとてもいいコースだと思いました。来年は、大会でなく歩いてみるのもいいのかも
が、大会でなければバス便が限られますので下調べは必須です。
(念のため)

今回は、第一の目的がこれから本格的なシーズンを迎えるにあたって、今の自分がいったいどこまで歩けるのかを試すことでした。
何せ、怪我したときには歩く筋肉の使い方忘れたくらいだし・・・
角田山のあとで腰を痛めた旦那のことも考慮してとにかく無理をしないことを前提に歩きました。

結果的に、今回は24Km地点である定峰峠までを歩いてきました。

今回のコースタイムは、

小川町駅 6:20 --- 官倉山 8:06 --- 和紙の里 9:00 --- 11:40 笠山 12:20 --- 堂平山 12:45 --- 剣が峰 13:20 --- 定峰峠 15:05

計 8時間45分(休憩含む)

まず、この日のアプローチについて

私は高崎線沿線に住んでいるので、本来ならば熊谷から秩父鉄道で寄居駅に行き、そこから小川町駅に向かえばいいのですが、これだと小川町駅に着くのが6:30ごろになってしまいそう。それに、お風呂セットとか積んで行きたいし。
ということで、車で秩父鉄道沿線(寄居よりも秩父側)まで行き、駅駐車場に停めてから小川町駅まで行きました。
このおかげで、17:50頃に到着できました
でも、駅に着いたらこんなにも人がいました。ええー、皆どうやって来たんだ??

秩父七峰_行列1


でも、私の後に数百mの列が出来ていたことを考えると早く来た意味は少しはあったのかな。
ちょうど、受付待ちの列は駅利用者のために列を空けたのですが、後ろ側の先頭に立つことになりました。

ここで先頭の特権!、何人ものブロガーさんを間近で目撃することに。
あの、Masako's Moutain Roomsのまさこさん、まきくま山のまきくまさん、いつもお世話になっているTiCAさん、しげぞうさん、まゆ太さん。
ナマで拝見した気分は、芸能人を思わぬところで発見した一般人というところでしょうかうわっ、ホンモノだ!
でも、さすがにカメラを向ける勇気はありませんでした、はい。
って、そんなことしたら失礼だろ!

思い切って声をかければよかったのですがさすがにいきなり近づくのもどうかなぁと思って諦めてしまいました。それに、人違いだと恥ずかしいし。
これが後々の後悔の元に・・・。

6:20頃にようやく受付がスタート。
皆さん、猛ダッシュで受付に向かいます。
すでにこの時点で、圧倒されまくり。

秩父七峰_受付


ここで、地図やタオルなどの参加賞をいただきます。

最初は車道歩きですが、民家や神社を通り抜けてほどなく登山道が始まります。
秩父七峰_歩き始め
歩き始め
秩父七峰_歩き始め民家
近くの民家、お花がきれい
秩父七峰_歩き始め登山道入口
ここから登山道


登山道には、終始スミレがたくさん咲いていましたが写真を撮る余裕とスペースはありませんでした。
だって、後から後から人が来るんですもの。立ち止まるのだって一苦労だしさ

で、道幅が狭くなったところでいきなり渋滞開始です。
もう、先が思いやられます・・・。

秩父七峰_歩き始め渋滞1


ノロノロ登っていると、渋滞のメッカ鎖場です。
ここは、本来登りであればそんなに大したことはないのでしょうが、何せまるで朝のラッシュ時で起きた人身事故の復旧直後のような人だかり。
皆押すな押すなで、油断するとどんどん抜かされそうだしバランス崩して転びそうです。
って、もう転がり落ちるのは勘弁して~

それでも、何とか石尊山です。
秩父七峰_石尊山



特にチェックポイントでもなかったので先を急ぎます。
ひたすら、人並みに揉まれながらやっと初めてのチェックポイント 官倉山です。

秩父七峰_官倉山チェックP



この渋滞で先が全く読めなかったのでさっさと和紙の里へ向かいます。
が、下りについては登山道の水はけが悪く滑りやすくてなかなか油断は出来ません。
特に旦那にコケられて腰痛が発生したら即リタイア、旦那の動向に注意を払います。

人波に疲れながら和紙の里に到着。
お手洗いを済ませ、売店に向かおうと思ったときに、なんとTiCAさん、しげぞうさん、まゆ太さん、まきくまさんチームを発見。

しかも!、TiCAさんにはお手洗いの出入り口でザックをぶつけてしまうという失態をしてしまいました・・・。ああ~、何ということを。ほんとにすみません。
でも、お手洗いの出入り口でいきなり声をかけるのもどうかなぁ、失礼かなぁと思って、声はかけられませんでした。それに、いつの間にかまさこさんも加わって、今をときめく山ブロガー集団になっていたようで私なんぞは近づけもしませんorz

そのあと、旦那に「何か食べる?」の声に負けて、冷やしキュウリをかじっていたら、あっという間に皆さん出発されてしまいました・・・。

秩父七峰_和紙の里きゅうり
冷やしキュウリ


あー、惜しいことしちゃったよぅ。うう。
この後悔、最後まで引きづっちゃいました・・・。
ま、今思えば当たり前なんですけどね。見れただけでも、めっけもんだというのに・・・

キュウリをひとしきり食べた後に笠山に向かって出発!
このあと、長い舗装路歩きにみっちり絞られることに。
それでも、里の春を満喫しながら登ることは出来ました。

秩父七峰_官倉山-笠山の風景

秩父七峰_官倉山-笠山の風景2


今回のルートの中で、笠山までが長くて一番苦しめられたような気がします。だんだん、私たちも周りの皆さんも無言に・・・。
なぜか、皆さん辛そうなのに立ち止まろうとはしないんですよねぇ。
おかげで休憩なんて出来る雰囲気じゃない!
何でみんなそんなに強行軍なんだよー! 

この時点でかなり身も心もヨレヨレになりながらようやく笠山です。

秩父七峰_笠山


軟弱チームなのでここまでですでに周りの人に抜かれまくりです・・・orz
ここで、お腹がすいてバテそうだったのでお昼にします。
笠山はこの人だかりではどうあがいても狭い山頂ですが、そこそこ見晴らしは良かったですよ。
今日もお昼はコンビニのおにぎりとインスタント味噌汁。定番ですなもう。
さて、気を取り直して次のチェックPへ向かいます。
ここからは、出来るところまでの勝負になります。

笠山からは一度下ってまた登るというヒジョーに非効率的な道でした。
程なくして、堂平山チェックPです。

秩父七峰_堂平山ドーム
このドームの左下に売店があります


ここで、時間的に完歩はムリだろうと予想。となると、秩父高原牧場のソフトクリームにはありつけない!?

ということで、ここの売店でアイスを所望。
甘くて冷たいアイスをガツガツとむさぼり喰いました。

ここでさらに検討して、次の剣が峰までは進もうということになり向かいます。ここで丸太階段の逆襲が!
情けないことに、この丸太階段が終わった後で両膝が~~!
ピキー!って攣りましたよ…。うぅ、痛いよぅ
しばらく休憩して、どうにかこうにか剣が峰に到着です。
もう、この辺まで来ると惰性で進んでいる感じです。

秩父七峰_剣が峰


もう、ここまでかなぁとも思ったのですがやっぱりハーフは進みたい!
ということで、次の白石峠まで向かいます。
ここまでは、距離も短いのでどうにかクリア。

秩父七峰_白石峠


この先は下山時限との戦いでしたが、次の定峰峠までは行ってみることに。
この辺りは最初にいきなり170段の階段が現れてビビリましたが、それ以外は歩きやすい道でした。
が、あちこちでスミレが踏まれた跡が!!
ひどいよ、スミレだって一生懸命咲いてるのに・・・。
くったりしているスミレが可哀想でした

そんなのを見てしまうと、そうまでして人を追い越していくのもどうかなぁと感じてしまいました。
どうせ追い越すならアスファルトでやればいいのに・・・
やっぱり、大勢で歩くのは無理があるのかもしれませんね。
自分もどこかでやってしまっているかもしれません。気をつけないと!

歩けば先に進めるもので、45分ほどで定峰峠に到着です。
ここで次の大霧山に行くかどうか悩みましたが、時間的に足りなさそうだし、欲を出してムリして来週のGWに影響してもつまらないので、ここで大人しくバスに乗ることにしました。

一応ここまで歩けばハーフは歩いたことになるし、今の私たちとしては満足すべきところでしょう。

バス停までは定峰峠から1時間位です。
ここからバス停までは車道を横切りながら歩きます。
バス停に着くと、臨時バスが続々と到着していました。

秩父七峰_定峰峠バスターミナル


並んでいると、またもや行列が・・・。
いったい何本の臨時便が出たら全員が乗れるのか分からないくらいでしたよ。


今回は、初めてということもありましたが人の流れに身をまかせ~♪な状態でした。休憩するタイミングは逃すし、写真も思うように撮れないし。やっぱり、山はのんびり余裕を持って登りたいと再認識しました。

それから渋滞も予想をはるかに超えるものでした。
追い越しに関しては、後先考えずにという強引さが感じられ、ある意味人間の特徴を良く表しているのかも。
追い越しにも、思いやりが必要かと。

それから、軽登山靴だったので硬いアスファルトが思った以上に効きました。
またお天気が良かっただけに、アスファルトでは照り返しが強かったです。

来年は、残りの分をどうしようかな。
秩父高原牧場のソフトクリームだけは食べたいし。
もしかしたら、残りのコースを大会でない日に歩くかもしれません・・・。

筋肉痛については、ハーフで止めたおかげで2日ほど痛かったですが、大したこともなく終わりました。よかった

来週はいよいよGWです。
一応、先日のオスプレーザックのデビューも兼ねてテント担いで秩父に行くつもりです。
大丈夫かな?

banner_04.gif 一山越えてあとはGW♪
Secret

TrackBackURL
→http://mountainskyflower.blog78.fc2.com/tb.php/35-849166cd