上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のGWは、テント山行が出来るようになったら行こうと思っていた雲取山2017.1mに2007年4月29-30日の日程で行ってきました。
この日は2日ともお天気が良くて(というか恵まれすぎて暑い)、大展望の山登りとなりました

まずは、1日目の記録です。
この日のスケジュールは、以下の通りです。

1日目

留浦 6:35 --- 小袖 7:25 --- 堂所 9:00 --- 10:00 七ツ石小屋 10:20 --- 石尾根縦走路分岐 10:40 --- 七ツ石山 10:50 --- ぶな坂分岐 11:05 --- 11:20 奥多摩小屋 12:10 --- 富田新道分岐 12:40 --- 雲取山山頂 13:20 --- 雲取山荘 14:30

   合計7時間55分(昼食、休憩含む)

2日目

雲取山荘 8:30 --- 雲取山 9:05 --- 9:45 奥多摩小屋 10:10 --- ぶな坂分岐 10:35 --- 七ツ石小屋分岐 11:05 --- 堂所 11:45 --- 12:10 水場 13:10 --- 小袖 13:55 --- 留浦 14:40

   合計6時間10分(昼食、休憩含む)


今回のこの山登りでは、先日のニューフェイス、オスプレーのエーリエル75をデビューさせるのも目的の一つでした。
というか、デビューさせるためにテント泊にしたというか・・・

20070429040131.jpg


この子のおかげで、今回のテント泊はずいぶんとパッキングが楽になりました。やはり持つべきものは大型ザック!?

ザックについては、後で細かく書く機会があれば、書くことにして本題に入りましょう。

今回は、初めての山でかつまだ3回目のテント泊ということであまり冒険はしないということにして、鴨沢-雲取山-雲取山荘のピストンで行くことにしました。

ですが、鴨沢の一つ手前の留浦の駐車場に着いたときにすでにたくさんの車が停まっており鴨沢まで行くか悩みましたが、鴨沢の駐車場も同じ様なものだろうということでここに車を停めて行くことにしました。

後から来た人は、鴨沢に行ったら満車だったのでこちらに来たとのこと。欲を出さないでよかったようです。

この日の朝の気温は車の温度計で3℃。頂上での寒さが頭をよぎりましたが、駄目そうなら小屋泊まりにすればいいやってことでスタートしました。

留浦駐車場


10分くらいで、鴨沢に到着です。

鴨沢登山口


少し車道を歩いたら、登山道に入ります。
登山道すぐの頃はスミレやキケマンやヤマブキなどが咲いていました。
あと、ヒトリシズカは名前に似合わずあちこちで群生しておりました。


鴨沢-小袖_スミレ1
スミレ

鴨沢-小袖_キケマン1
キケマン

鴨沢-小袖_ヤマブキ1
ヤマブキ

鴨沢-小袖_ヒトリシズカ群生1
ヒトリシズカの群生

さすが奥多摩というべきか、ここからしばらくは杉&ヒノキの並木道がほとんどでした。
おかげで花粉症の私は行程中ずっと鼻たれ小僧でしたよ・・・もう。

程なくして、小袖の車道に出ます。
ここに、広いスペースがあって10台くらいの車が停まっていたのですが、看板を見ると「売地」。特に禁止とは書いていないのですが、どうなんでしょうか?戻ってきたときには、スペースの奥のほうでトラックが材木を荷積みしてたりしましたが。
ご存知の方がいたら教えてください。

この駐車スペースから約100mくらい進むと登山道に入ります。

小袖_林道分岐


この辺りは民家の名残もあって少し里の雰囲気でしたが、それも終わると花もめっきり少なくなり、目の保養には新緑だけでちょっとガックリしていると、少しだけツツジが咲いていましたよ!
雲取山って花の百名山なのに、時期外れると駄目なのかなー?

小袖-堂所_ツツジ2



だんだん今日の荷物が肩にのしかかって、へばりだした頃にようやく堂所(どうどころ)です。
ここは、水源管理道(?)との分岐で特に展望があるとかではありません。
まぁ、多少は道幅も広いので休憩くらいは出来ると思いますが・・・。

堂所


ここから更に高度を上げていくのですが、だんだん足を上げるのが辛くなってきました。それでも、高度が上がったおかげで徐々に見晴らしがよくなって、この日初めての富士山です!

堂所-七ツ石小屋分岐_富士山1


富士山は見つけると、おおーって思うから不思議ですね。
ちょっと気分がよくなったところで、ぶな坂と七ツ石小屋との分岐がきました。さすがにいきなり巻き道からというのも何なので、まじめに七ツ石山に向かったのですが、これがきつかった!!
あまりのキツさに、途中の七ツ石小屋の脇で一休みしましたが、こじんまりした小屋だったのと休憩が有料だったので中には入りませんでした。
ここで小屋に入ろうもんなら、出てこれなくなりそうだったし。もういいやって。

気を取り直して出発しましたが、背中の荷物が子泣き爺のように重く感じられて、ぜんぜん足が前に出ません。
しかも、七ツ石山に近づくにつれてどんどん急登になるし。
おまけに、朝の気温からは想像できないほど気温は上がって暑いし!
もう、七ツ石山についたときにはボロボロのヨレヨレでした・・・。

七ツ石山_山頂


でもここからの眺めは、それまでよりも一気に開けて富士山と南アルプスが一望できるので、登る甲斐はありますよ。
でも、このあとずっとこの景色を見ながら進めるので無理しなくてもいいんですが・・・。

まずは富士山
七ツ石山_山頂からの富士山


で、南アルプス
七ツ石山_山頂からの南アルプス


ここは登るのも急なら、下るのも急です。
帰りは絶対巻いていこう!と誓いました。

七ツ石山_雲取山への縦走路


ここからは、展望ルートなのでこのコースのハイライトといってもいいかもしれません。
ここなら、初めて来る人でも山登りが好きになってくれるかも。
私たちも、眺めを楽しみながら進んでいくと、奥多摩小屋に到着です。
ここのテーブルで、富士山と南アルプスを眺めながらいつものメニュー(コンビニおにぎりとインスタント味噌汁)で昼食にしました。ほんと、代わり映えのないメニューですね・・・

富士山
奥多摩小屋_ベンチから見える富士山


南アルプス。いつか行ってみたいなー。
奥多摩小屋_ベンチから見える南アルプス


ここの小屋のサイトは見晴らしも良くて気持ちよさそうだったのでここで泊まってもいいかな、なんて思いましたが、一応雲取山荘まではトレーニングとしても行かないとと思ってあきらめました。
一度へこたれたら、どこまでもへこたれるのが私の性格・・・

腹ごしらえも済ませたら、気合を入れて雲取山に向かいます。
ここからまた急登が続きます。
ところどころ、地図にない巻き道があって不安になりましたがどうにかあと少しで山頂というところまで着ました。

すると、前方に何やら茶色いものが・・・。
すると、鹿が3頭のんびり草を食んでいるではないですか!
これはチャンスとばかりにカメラを向けると、1頭はご丁寧にもカメラ目線をくれましたよ!

証拠写真

奥多摩小屋-雲取山_鹿1


でも、彼らは繁殖しすぎなんですかねぇ、やっぱり。
人間に怯えるでもなく悠々と草を食べてる様子は、野生動物としてはちょっとどうなのかな。

それでも、めったに会えるものではないので良しとします。

そうこうしているうちにようやく雲取山山頂に到着!
と思いきや、ここは山梨百名山の碑がある避難小屋でした。orz

雲取山_山梨百名山


気を取り直して、山頂に向かいます。といってもすぐそこですが。

雲取山_日本百名山


これで、日本百名山は11座目です。まだまだ先は長いなぁ。
まぁ、死ぬまでに完登すればいいということで。

ここには、原三角点なるものもありました。
三角点の元となるものらしいですね。

雲取山_原三角点
右の大きいのが原三角点

ひとしきり堪能したら、本日の終点雲取山荘へ向かいます。
が、ここから先はいきなり凍結ですか!!
山荘へ向かう道は急に樹林帯になったかと思ったら、北側なのか雪がまだ残っていたんですよ。おまけに解けたのがまた凍ってるし。
マジでビビリながらノロノロと進みました。
明日の帰りは、巻いたほうがいいかも・・・と思いました。

ほんとに、何とか下って雲取山荘に到着しました。
いや~、ホッとしました。
取りあえず受付を済ませて、テントを張ります。
ここのサイトは\300/人で少しお安めです。

サイトは横一列に並んでいくような感じで木々の間を縫っていくのですが、平で広いところはすでにテントが張られていました。
それでも、強引に立て札の前に陣取ってテントを張りました。

雲取山荘_テント


設営を終えたら、日が暮れる前に夕飯にします。
今日のメニューはアルファ米+中華丼,豚玉丼とさばの味噌煮缶とスープです。
取りあえず食べて、明日の荷物を軽くしなくちゃ。

夕食後は木々の間から沈む夕日を眺めました。
さすがに日が暮れると2000m級ではあっという間に冷えてきました。

雲取山荘_夕暮れ


夕日も楽しんだ後は、さっさと寝ることにしました。
寒さ対策でタイツを履いて寝たので足元は良かったのですが、肩口から冷気が入り込んで寒かったので途中で何回か目が覚めました。
寒さ対策は今後の課題ですね。
でも、寒がりってどうやったら克服できるのかな?

さて、翌日は下山です。何事もなく終われるといいな。

(後編に続く)

banner_04.gif レポ溜まりそ~
Secret

TrackBackURL
→http://mountainskyflower.blog78.fc2.com/tb.php/39-1bad269a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。