上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週は体調がイマイチだったので山には行きませんでしたが、GWにやるはずだった衣替えとか、物入れの片付けなんかを済ませました。
何とか1週間の遅れですみました。ふぅ。

そんなこんなでなかなかGWの記録が進んでいませんが、溜まる前に何とかしないといけませんね
ということで2007.4.29-30の雲取山の後編です。
今回は、2日目の記録です。
今回のスケジュールは、以下の通りです。

1日目

留浦 6:35 --- 小袖 7:25 --- 堂所 9:00 --- 10:00 七ツ石小屋 10:20 --- 石尾根縦走路分岐 10:40 --- 七ツ石山 10:50 --- ぶな坂分岐 11:05 --- 11:20 奥多摩小屋 12:10 --- 富田新道分岐 12:40 --- 雲取山山頂 13:20 --- 雲取山荘 14:30

   合計7時間55分(昼食、休憩含む)

2日目

雲取山荘 8:30 --- 雲取山 9:05 --- 9:45 奥多摩小屋 10:10 --- ぶな坂分岐 10:35 --- 七ツ石小屋分岐 11:05 --- 堂所 11:45 --- 12:10 水場 13:10 --- 小袖 13:55 --- 留浦 14:40

   合計6時間10分(昼食、休憩含む)

1日目の記録はこちらから

さて、2日目は…

この日は周りは3時くらいから起き始めていたようなのですが、何となく寒いしついうだうだと過ごして気がつけば5時過ぎでした…。
でもって、日の出も終わってるし!! おおーい、大丈夫なのか?

それでも、取りあえず朝ごはんということで準備を始めます。
メニューはスープとアルファ米(五目御飯)でした。
何か昨日と代わり映えしないけど…。

腹ごしらえも済んだら、撤収です。
取りあえずテントの中身を片付け始めます。
シュラフの詰め込みはなかなか力が要るので、旦那に任せました。
テント内の片付けは、ちょっとだけ早くなったかな、と思っていたのですが。
外を見回すと残るテントはうちを入れて3つほど

う~ん、皆早いなぁ・・・。
起きる時間が遅いからかしら?? って、単にトロいだけ!?
何かコツがあるのかなぁ。

何とか無事に撤収して、山荘を出発です。
ザックが昨日と違って軽い、軽い!
今日も無事に帰れますように…。

雲取山荘_出発前


この日のルートは、昨日凍結していてビビリまくった雲取山へのルートを通るかどうかかなり悩みましたが、帰りは登りになるので何とかなるかなということで、結局昨日と同じルートにしました。

足元はぬかるんでドロドロで、時々この下に氷がありました。
雲取山荘-雲取山_苔むした登山道


ドキドキしましたが、出発が遅いのが功を奏したのか誰もいなかったのでゆっくり登ることが出来ました。おかげで転ぶこともなく無事に雲取山に到着!ぬかるんでドロドロのところで転んだら最悪だよな~。

2日目も南アルプスがくっきり!
雲取山2_南アルプス1


今度は、縦走してみたいな。
雲取山2_オスプレーと富士山


ここから先はまた、見晴らしロードが続きます。
この日も、奥多摩小屋のテーブルで一休みしてから先に進みます。
富士山と南アルプスを見ながらずんずん進みます。

ようやくぶな坂分岐まで来まして…。
さすがに昨日で懲りたので、今日は七ツ石山は巻きます。
どうせなら違う道の方がいいし。
ここで、富士山と南アルプスとはお別れです。ありがとー、また来るよ!

奥多摩小屋-七ツ石山_ぶな坂合流点


ぶな坂の巻き道を進むと…。
皆さんのHPでよく見かける、木造の橋が出てきました。
なあんだ、この道にあったのかぁ。

奥多摩小屋-七ツ石山2_七ツ石小屋手前の吊橋


程なくして七ツ石小屋のルートと合流します。
ここからは、昨日のルートと同じなのでさくさく進みます。

堂所も過ぎて、小袖まであと50分くらいかなというところいうところに水場があります。
ガンガン下ったのでちょっと足にきてるかなーと思ったのと、お腹がすいたので昼食にしました。

水場は登山道より山側に少し入ったところにあるのですが、登山道下にも水が来ていたのでそちらで水を汲んでパスタを茹でました。

水場の看板
堂所-小袖_水場の看板


水を汲んだ水場
堂所-小袖_水場2


作ったスープパスタを食べていると、皆さん結構な勢いで下っていくんですよね~。バスの時間とかが気になるんですかねぇ?

お腹も満たされて、後は怪我なく下るだけ。
小袖の民家跡まで来ると里の花々が咲いています。
スミレも顔を見せ始めます。この辺からだんだん写真が無くなります…。
堂所-小袖_スミレ1


さすがに休憩した後は足取りも軽やかに進んで、1時間30分ほどで駐車場まで戻ってきました。

鴨沢の登山口付近の民家の庭先で、私の好きな八重桜が咲いていました。ソメイヨシノもいいけど、こっちもやっぱり好きだな~。

鴨沢-留浦_民家の八重桜



[今回の反省]
今回はかなりお天気に恵まれたことと、ルートもピストンで特に鎖場などもなかったため、おおむね安心して登ることが出来ました。が、雲取山頂-雲取山荘のような凍結箇所についてはかなりのへっぴり腰だったので、もう少し修行が必要な模様。

それでも、富士山と南アルプスの展望には大満足でした。
稜線でず~っと富士山を見れる山もそう多くはないですしね。
結構手軽に登れるので、小屋泊まりなら初心者向きというのも納得です。初めてのテント山行にも良い山だと思います。

それから、テントについては撤収やパッキングについてもうすこし何とかしたいなぁ。
テント自体の設営や撤収は比較的簡単でしたが、テント内を片付けるのと撤収したテントをパッキングするのに撤収時間の3分の2以上がかかっているところを見ると改善の余地がありそうです。

夏のシーズンの前にもう少し練習できるといいのかな、と感じました。
あ、食べ物ももう少し変化をつけないと飽きてしまいそうですね。

初心者のテント山行(3回目)としてはまぁ、こんなもんでしょう。
最初っから何でも出来るわけじゃないしね。

さ、次のテント山行はいつになるかな。
って、出かける前に残ったレポを片付けないとね…。

banner_04.gif レポ、あと一つ!
Secret

TrackBackURL
→http://mountainskyflower.blog78.fc2.com/tb.php/40-d24ecaac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。