上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
え~い、続けてもういっちょアップです。
五竜岳2日目 行きまーす。

今回のコースタイムは以下の通りです。

*******************************************************************************************

★8月11日(土) 1日目

 八方第5駐車場 7:30 === 八方池山荘 8:45 --- 10:15 八方池 10:35 --- 扇雪渓 11:40 --- 丸山ケルン 12:30 --- 14:10 唐松岳頂上山荘 15:35

--- 15:55 唐松岳頂上 16:10 --- 16:30 唐松岳頂上山荘(テント泊)

 行動時間合計 7時間45分(休憩含む、リフト含まず)

★8月12日(日) 2日目
 唐松岳頂上山荘 8:45 --- 牛首通過 9:50 --- 最低鞍部 10:45 --- 12:05 五竜山荘 13:50 --- 14:55 五竜岳頂上 15:05 --- 五竜山荘(テント泊)

16:25

 行動時間合計 7時間40分(休憩含む)

★8月13日(月) 3日目
 五竜山荘 8:05 --- 白岳 8:25 --- 西遠見池塘 10:00 --- 大遠見山 10:30 --- 11:15 中遠見山 11:45 --- 小遠見山分岐 12:05 --- 地蔵の頭

13:05 --- アルプス平 13:15 === 八方第5駐車場 15:30

 行動時間合計 5時間10分(休憩含む、リフト含まず)

*******************************************************************************************

 1日目の記録はこちらから。

朝3時ごろに起床。テントから空を覗くと星が見えます。
幸先良さそうなお天気のようです。
まだ暗いし、寒いのでとりあえず朝食を食べます。
パンとカロリーメイトでとりあえず撤収までの腹ごしらえです。

そろそろ顔を洗いに行こうと思って外に出てみると、ああ~、もしかしてご来光が終わっている!?
と思わせるような空の明るさに。
そうなんです、ここのテントサイトは西側にあって東側は斜面になっているので気がつかなかったんです…。

急いで山荘まで上がります。

そうすると、雲海のおかげで日の出が遅れている模様。
ラッキー
急いでカメラを構えます。

かえってちょうど良いタイミングでご来光を眺めることが出来ました。

唐松岳頂上山荘_ご来光 唐松岳頂上山荘_朝白馬岳方面 唐松岳頂上山荘_朝焼けの唐松岳 唐松岳頂上山荘_朝テント場からの剱


 左から:ご来光 白馬岳方面 朝焼けの唐松岳 剱岳

やっぱり、ご来光って力強いですね~。
何度みても惚れ惚れします

でも、今日はやたらと風が強いです。
やっぱり牛首をどうするか悩みます

顔を洗いにまた小屋に行くと、昨日のおじさまが。
私たちを見て、「風強いけど、やっぱり行くの?」と声をかけてくださいました。その一言で、逆に悩んでしまいましたよ…。
でも、確かに風が強い。どうしよう…。

悩んでいても時間が経つだけなのでとりあえず撤収することに。
ピストンにしても今の位置よりも小屋に近いところで張りなおしたいというのもあったので撤収自体はやっておかないとということで。

撤収している間にも、皆さん続々と五竜岳に向かわれます。
段々、ゆっくりならば我々も行けるんじゃないかという気になってきました。
そんなんでいいのか?という感じもしますが、まずは行ってみることにしました。

撤収後、集中力を切らさないためにももう一度腹ごしらえしました。
相変わらずノロい撤収なので、ホントに最後の方の出発でした。

気を取られないために帽子もバンダナに替え、ウエストポーチもしまっていざ、牛首へ!

でも、これが返ってよかったのかもしれません。
だって、あとから来る人がいないので焦らずに牛首を通過することが出来ましたから。

え~、ウエストポーチを仕舞ってしまったので、ここからは旦那が撮った写真が少しだけです…。


牛首_五竜岳を望む 牛首_剱岳を望む 牛首_鎖場 牛首-大黒岳_急な下り


 左から、 牛首からの五竜岳 牛首からの剱岳 牛首の鎖場 牛首を過ぎてからの急な下り

何回か長野側と富山側を乗り越えながら急な下り坂を、数え切れなくらいの鎖場を通過しながら下っていきます。振り返ってみたときは2つのピーク?を越えていたようでした。

基本的には3点支持でゆっくり行けば問題ないと思うのですが、何分テント装備。風にあおられたり、鎖が揺れたりすると体が振られそうになるのが怖かったです。
一度振られそうになった私を見て、旦那はヒヤッとしたそうです。

牛首を通過しただけで1時間が経っていました。
コースタイムからみれば非常に遅いと思いますが、安全に下るためには我々にはそれくらいの時間が必要だったということです。
この時間が徐々にコースタイムに近づいていくということが我々のレベルアップの一つの指標かもしれません。まー、いつになることやら…。

この後はなだらかな稜線になります。
でも、カメラを取り出すタイミングになかなか踏ん切りがつかずに五竜山荘まで来てしまいました。

なので、いきなり五竜山荘から撮影です。

五竜山荘


まずは受付を済ませてテントを張ります。
今日のテントサイトは小屋から近くて若干広めで快適です。
腹ごしらえも済ませたら、五竜岳に向かいます。

やっぱり空身、体が軽い軽い。
さくさくっと途中まで登って振り返ると、今日の稜線がばっちり見えます。

五竜山荘-五竜岳_唐松岳方面を振り返る



途中から岩岩な感じになってきて、手を使わないと登れなくなってくるとあと一息です。

キレット方面からの登山道と合流して少し進むと五竜岳山頂です。
まずは、証拠のティカータスポーズ後ろ向きから。

五竜岳_ポーズ


この日はお天気が良く、360゜ぐるーっと丸見えでした
ステキすぎます
五竜岳、イイ山度アップです。(笑

五竜岳_鹿島槍を望む 五竜岳_白馬岳方面 五竜岳_妙高・火打方面


ひとしきり山頂を堪能したら下山します。
あー、今日もビールが美味しく飲めそう

山荘まで戻ってみると、なんとテントが山荘の前まで溢れているではないですか!!
さすが、お盆休みですね。小屋の中はさぞ混雑していることでしょう…。

五竜山荘_大盛況な天場


この日の夕飯は、親子丼とマーボー丼(レトルト+アルファ米)とさんまの蒲焼缶でした。
ビールももちろんついていますが、この日はご褒美ポーズを撮る前に夕飯が終わっていました…orz。よほどお腹がすいていたらしい…。

さあ、明日は下山です。
最後を締めくくるためにも安全に下山したいな。

ということで3日目に続きます。

よし、2日目!
banner_04.gif まだまだがんばりますよ~。クリックよろしくお願いいたします
Secret

TrackBackURL
→http://mountainskyflower.blog78.fc2.com/tb.php/73-3efbab34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。