さ~て、まとめてレポアップの最後です。

五竜岳 3日目、行って見よう
今回のコースタイムは以下の通りです。

*******************************************************************************************

★8月11日(土) 1日目

 八方第5駐車場 7:30 === 八方池山荘 8:45 --- 10:15 八方池 10:35 --- 扇雪渓 11:40 --- 丸山ケルン 12:30 --- 14:10 唐松岳頂上山荘 15:35

--- 15:55 唐松岳頂上 16:10 --- 16:30 唐松岳頂上山荘(テント泊)

 行動時間合計 7時間45分(休憩含む、リフト含まず)

★8月12日(日) 2日目
 唐松岳頂上山荘 8:45 --- 牛首通過 9:50 --- 最低鞍部 10:45 --- 12:05 五竜山荘 13:50 --- 14:55 五竜岳頂上 15:05 --- 五竜山荘(テント泊)

16:25

 行動時間合計 7時間40分(休憩含む)

★8月13日(月) 3日目
 五竜山荘 8:05 --- 白岳 8:25 --- 西遠見池塘 10:00 --- 大遠見山 10:30 --- 11:15 中遠見山 11:45 --- 小遠見山分岐 12:05 --- 地蔵の頭

13:05 --- アルプス平 13:15 === 八方第5駐車場 15:30

 行動時間合計 5時間10分(休憩含む、リフト含まず)

*******************************************************************************************

 1日目の記録はこちらから。
 2日目の記録はこちらから

さあ、最終日3日目を無事に迎えることが出来ました。

今日は3時半頃に起床。
今日もテントから空を覗くと星が見えました。
ご来光も期待できそうです。

朝5:00雲海の中からのご来光です。
今回の山行では2日ともご来光が拝めてラッキーでした。

やはり力強いご来光には何かエネルギーをもらえる気がします。
五竜山荘_ご来光


モルゲンロートの五竜岳です。もう、カッコよすぎ
ああ、昨日あそこに登ったのねぇとニマニマ。

五竜山荘_朝焼けの五竜岳


雲海も輝いて日の出だけの特権ですね。

五竜山荘_朝日に輝く雲海


もう、朝のドラマに満足したら下山の準備をしなければ。
相変わらず撤収に時間がかかり、8:45に山荘出発。って、朝起きてからどんだけ時間経っとんねん。

山荘周辺の取りそびれていたお花たちを撮影してから白岳に向かいます。

五竜山荘_コマクサ イワツメクサ 五竜山荘_アキノキリンソウ 五竜山荘_トウヤクリンドウ

 左から  コマクサ、イワツメクサ、アキノキリンソウ、トウヤクリンドウ

ここが、遠見尾根の入り口。

五竜山荘-大遠見山_遠見尾根へ


昨日歩いた唐松岳頂上山荘~五竜山荘までの稜線が見えます。

五竜山荘-大遠見山_昨日歩いた稜線


すぐに白岳に到着。
五竜岳や鹿島槍ヶ岳が良く見えます。

五竜山荘-大遠見山_白岳 五竜山荘-大遠見山_五竜岳1 五竜山荘-大遠見山_鹿島槍ヶ岳1 五竜山荘-大遠見山_白岳からの眺め


ここからすぐに、鎖が現れました。
昨日の牛首ほどではありませんが、気を引き締めて慎重に下ります。
ガイドブックには、梯子とあったのですが今は鎖のようです。

五竜山荘-大遠見山_鎖場


しかし、この日はすでに太陽が照りつけて暑いの何の。
水をどんどん消費します。

途中でミヤマアズマギクの群落がありました。

五竜山荘-大遠見山_ミヤマアズマギク


ところどころで五竜岳のビューポイントがありますが、だんだんと五竜岳の山頂が尖って見えていくところが面白かったです。

五竜山荘-大遠見山_五竜岳2


何か、すんごい時間かかりながら西遠見の池塘に到着。
やっぱ、鎖場あると時間かかるな~。

五竜山荘-大遠見山_西遠見池塘


池塘周辺にはチングルマやモミジカラマツなどがたくさん咲いていました。

五竜山荘-大遠見山_西遠見池塘_チングルマ 西遠見池塘_ハクサンボウフウ 西遠見池塘_モミジカラマツ


 左:チングルマ 中央:ハクサンボウフウかな? 右:モミジカラマツ

コースタイムも遅れ気味なので、先に進みます。
程なくして大遠見山ですが、何だかただの通過地点のよう。

大遠見山


さて、次は中遠見山ということで先に進みますが、一度下ってまた登ります。
が、この辺まで来ると、 とーにーかーくー 暑い!!

もう、飲んでも飲んでも喉が渇きます。それでも何とか中遠見に到着。
ここには、遭難碑が2つほどありました。
ホツツジも満開でしたよ。

中遠見 中遠見_ホツツジ


どうにか中遠見に着いて、時間的にもお昼にしたかったのですが、パスタを作る気にはなれず、ゼリー飲料とカロリーメイト&コパンだけをかじります。
もう、この時点で水が1Lしかなくなりました。や、やばい…。

暑いけど、時間が経つほどもっと暑くなるので先に進みました。
途中で、水が残り少なくてバテ気味の女性に会いましたが自分たちも水を分けてあげれるほど持っていなかったのでそのまま先に行かせてもらいました。

小遠見山への巻き道に出ましたが、今回は水も少ないのであっさり巻き道を選択。
アルプス平からの分岐点に出ます。

小遠見_巻き道 小遠見_トレッキングコース合流


ここからは、観光客に混ざって下山です。
ここからは八方尾根を左手に見ながらの下山、のはずですがガスっててそれほど展望はありませんでした。

やっぱ空身の観光客は早いですね~。我々はのんびり下ります。
途中で、八方尾根で抜きつ抜かれつした男性2人組にも抜かれました。

二ノ背髪や一の背髪を過ぎると地蔵ノ頭です。

小遠見-アルプス平_二ノ背髪 小遠見-アルプス平_一ノ背髪 小遠見-アルプス平_地蔵ノ頭 小遠見-アルプス平_地蔵ノ頭ケルン


地蔵ノ頭では、何やらテレビ撮影をやっているらしく見学者や撮影関係者でごった返しておりました。
ここには鐘もあったのですが、遠巻きにしてさっさとアルプス平に向かいました。

植物園?なるものがあって、これがまたコンクリート敷き!!
最後の最後で足の裏グリグリ攻撃に遭ってしまいました…。
ここまでは、調子良かったのに~。

でも、それも20分ほどでアルプス平に到着です。
ああ~、降りてきた~ 満足、満足
今回も無事に帰ってくることができて、です。

さて、テレキャビンに乗って麓まで降り、バスで八方第5駐車場まで戻りました。
そうそう、テレキャビンでは何とおしぼりのサービスがありましたよ
旅の締めくくりとしてステキなサービスで花を添えてもらって気分でした

【感想】

今回は、初めての2泊3日、鎖場かつ縦走でした。
これまではテント泊ではピストンしかしたことがなかったので、一つ階段を登った気分ですもちろん、油断は禁物。

そして、五竜岳。
こんなにも力強くどっしりとした山の印象はなかったので、かーなーり見直し(惚れ直し)ました。
鹿島槍ヶ岳も今回初めて全貌が見ることが出来て、前回の山行の忘れ物を取りに来ることが出来たかな。

お盆は混雑を避けて泊りでの山行をしたことがなかったのですが、やはり晴天率は高いと思いました。
来年もテント担いできっとどこかに行っていると思いマス。

出来れば、来年はもう少しバテずに歩けるといいな。

ようやく五竜岳完成。
banner_04.gif あと燧ケ岳もがんばりますよ~。クリックよろしくお願いいたします

Secret

TrackBackURL
→http://mountainskyflower.blog78.fc2.com/tb.php/74-0bb6f9de