上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.21 07.08.26 燧ケ岳
さて、今週は今月2度目の3連休ですね。皆さんはどこに行かれるのでしょう?

今日は明日のために先日の徹夜の代休をもらって家のことを済ませておきました。
とは言うものの、未だにどこに行くか決めかねています…。って、オイ

なので、とりあえず先にもう1ヶ月前になってしまった燧ケ岳のレポをアップしておこうと思いマス☆彡
最近、ますますレポアップが遅い気がする…。す、済みません

それではどうぞ。
この日のコースタイムは以下の通りです。
今回のコースタイムは以下の通りです。

*******************************************************************************************

 8月26日(日)

 御池駐車場 7:30 --- 広沢田代 8:20 --- 9:00 熊沢田代 9:15 --- 燧ケ岳(俎くら;字が出ない) 10:20 --- 10:50 柴安くら 11:40 --- 俎くら 12:00 --- ミノブチ岳 12:20 --- 尾瀬沼(浅湖湿原) 14:05 --- 14:20 沼田街道合流
14:35 --- 沼山峠 15:10 --- 沼山峠休憩所 15:20

 行動時間合計 7時間50分 (休憩含む)

*******************************************************************************************

この日はちょっと雲も多くて眺望は厳しいかなと思わせる天気でした。
前日はとっても良く晴れていたようですが・・・。(やまとそばさん情報)

今回は、日帰りだし荷も軽いのでコースタイムより早く歩けるかを試してみました。
いや、ほら、テント泊であまりに遅かったのでちょっと鍛え直そうかと…。

御池駐車場は朝7時で8割方埋まっていました。

御池駐車場


ちょっとごろごろとした道で意外と段差がありました。

駐車場-広沢田代_登山道


さすがにお花の盛りは過ぎているので種類は少なかったですね。
駐車場-広沢田代_アキノキリンソウ 駐車場-広沢田代_アジサイかな 駐車場-広沢田代_イワショウブかな


 左;アキノキリンソウ 中央;アジサイ?? 右;イワショウブ

1時間ほどして広沢田代に到着です。
広沢田代


なかなか気持ちのよい湿原が広がっておりました。その先に続く木道も伸びやかでした。

広沢田代_湿原 広沢田代_木道


この辺りでは、コウリンカやイワショウブがたくさん咲いているようでした。

広沢田代_コウリンカ 広沢田代-熊沢田代_キク 

 左;コウリンカ  中央:キク?

更に高度を上げて行きます。
この辺りは、湿原や燧ケ岳が良く見えて気持ちのよい登山道です。

広沢田代-熊沢田代_広沢田代を見下ろす 広沢田代-熊沢田代_燧ケ岳を見る 広沢田代-熊沢田代_ホツツジ 広沢田代-熊沢田代_燧ケ岳を見る2


左から、広沢田代を見下ろす、燧ケ岳、ホツツジ、更に近づいてきた燧ケ岳

景色を楽しみながら登っていくと、熊沢田代に到着です。
熊沢田代


ここで、一休みすることにしました。
湿原としては広沢田代よりも熊沢田代の方が規模が大きい感じでしたね。
風も涼しく感じられました。

大分、燧ケ岳も近づいてきました。
熊沢田代_燧ケ岳を望む


うーん、何か伸びやかな木道と青空がいい感じ
先に進むことにします。

木道を過ぎてからは枯れ沢のようなガレ場があったり一部崩落気味だったりでところどころで注意が必要です。
段々日が高くなってきたのと、晴れてきたせいもあって暑くなってきました。
もう、バテバテです・・・

お花の写真を撮りつつ、休憩を挟みます。
熊沢田代-燧ケ岳_シナノオトギリ 熊沢田代-燧ケ岳_アキノキリンソウ 熊沢田代-燧ケ岳_タケシマランの実
熊沢田代-燧ケ岳_ウメバチソウ? 熊沢田代-燧ケ岳_オヤマリンドウ 熊沢田代-燧ケ岳_イブキゼリモドキ?

 1段目 左:シナノオトギリ  中央:アキノキリンソウ  右:タケシマラン(実)
 2段目 左:ウメバチソウ?  中央:オヤマリンドウ   右:イブキゼリモドキ?

途中、プチ崩落の部分を横切ると熊沢田代が見下ろせます。
熊沢田代-燧ケ岳_崩落気味 熊沢田代-燧ケ岳_熊沢田代を見下ろす 熊沢田代-燧ケ岳_タデっぽい花

  左:崩落気味の登山道  中央:熊沢田代を見下ろす  右:タデ?

大分急登で足がパンパンになってきましたが、熊沢田代が見下ろせるようになると程なくして燧ケ岳(俎くら)山頂です。ここからは尾瀬沼が見下ろせます。
毎度お馴染みですが、後ろ向きでティカータスポーズです。

燧ケ岳 燧ケ岳_ポーズ 燧ケ岳_尾瀬沼



燧ケ岳は隣の柴安くらが最高峰なのでそちらに向かいます。
結構下ってまた登り返すようです…。

燧ケ岳_柴安くら 柴安くら

皆さん俎くらからピストンなので空身で柴安くらにやってきていましたが、我々はザックを持って柴安くらに行ったのでこちらでお昼にしました。
俎くらよりも柴安くらの方が尾瀬ヶ原が良く見えるのと人が少ないのでゆっくりすることが出来ました

柴安くら_尾瀬ヶ原


今日はテント山行ではありませんが、ご褒美ゼリーを持ってきましたよ。
柴安くら_ゼリー

冷たくって美味しかったです。

ひとしきり満喫したら、下山を開始します。
まずは俎くらまで戻ります。

柴安くら_俎くら


俎くら直下はかなり急で、登ってくる方も大変そうでした。
浮石も結構あるのでまた捻挫しないように気をつけて下りました。
程なくしてミノブチ岳に到着。尾瀬沼が大きく見えました。

燧ケ岳-尾瀬沼_ミノブチ岳から尾瀬沼


さてここから長英新道へと思ったのですが分岐が良く分かりませんでした。
一応地図とにらめっこして方角があっている方を選択したので問題ありませんでしたが、ここは標識が欲しかったです。

さて、ここからは地図上ではなだらかな道だと思っていたのですが・・・。
どちらかというと、だらだら~っと歩いたらガクンと下がるのをかなり下るまで繰り返す感じですね。
もうね、アスレチックみたいでしたよ。1mくらいの段差があった時はどうやって下りるんだ??って思いましたから。ナデッ窪はどうなっちゃうんでしょうね~。

更に、なだらかになってからが長いですこのルート。
いつまで続くんだーって言いたくなるくらい延々と樹林帯の中を歩き続けました。
確かに地図にも「樹林帯の中を延々と歩く」と書いてありますが…。
道間違えたのかと思いましたよ、ホント。

で、その長い長い長英新道からようやく木道の道に出ることが出来ました。
燧ケ岳-尾瀬沼_浅間湿原合流


ここからは、観光客に混ざって木道歩きです。とはいえ、さすがに人は少なかったですが。
後はお花を見ながら沼山峠まで戻ります。

尾瀬沼周辺のお花。

尾瀬沼_トリカブト 尾瀬沼_ワレモコウ 尾瀬沼_ヤナギラン 尾瀬沼_イワショウブ


  左から、トリカブト、ワレモコウ、ヤナギラン、イワショウブ

沼田街道周辺でのお花。

尾瀬沼-沼山峠_サラシナショウマ 尾瀬沼-沼山峠_ヤマハハコ 尾瀬沼-沼山峠_オヤマリンドウ 尾瀬沼-沼山峠_シラタマノキの実
尾瀬沼-沼山峠_アカモノの実 尾瀬沼-沼山峠_ヨツバヒヨドリ 尾瀬沼-沼山峠_ツリガネニンジン 尾瀬沼-沼山峠_オニシモツケ


 1段目:  左から、サラシナショウマ、ヤマハハコ、オヤマリンドウ、シラタマノキ(実)
 2段目:  左から、アカモノ(実)、ヨツバヒヨドリ、ツリガネニンジン、オニシモツケ

さくさくっと木道を歩いたら、沼山峠に到着です。
沼山峠バス停


少しまってやってきたバスに乗り込んで御池駐車場に戻りました。
バスの中で、補助席に座っていたにもかかわらず爆睡してました…。意外とバテたらしい…


【感想】

早く歩く、という目標としては少しは達成したかなと思いマス。
ただ、飛ばしていたため急登に差し掛かるととたんにペースダウンしてしまうあたり、鍛えが足りないかな。
あと、写真を撮ってばかりだとペースが乱れがちなのでその辺りもう少し減らすと楽なのかもしれないと思いました。といっても、ここは無理かな。

少し時期はずれだったため尾瀬もそんなに混雑することもなく快適に歩けました。
これくらいの人手なら、尾瀬も楽しめそうですね。

さて、ようやく燧ケ岳のレポが完成!編笠岳・権現岳にもいいかげん取り掛からないとですね。
banner_04.gif あとは編笠岳・権現岳。クリックよろしくお願いいたします
Secret

TrackBackURL
→http://mountainskyflower.blog78.fc2.com/tb.php/76-d8e0fcb7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。