上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水曜日の朝、起きてみたら何故かこ、腰が…。
どうやら、寝ている間に腰を痛めた模様…
またしても、山にいけないかも。がーん

しょうがないので(爆)、レポを進めることにしました。

先月のソロテントデビューした燕岳の1日目です。
まずは、コースタイムから。

******************************************************************************************

★1日目

中房温泉 6:30 --- 第一ベンチ 7:10 --- 7:35 第二ベンチ 7:50 --- 8:20 第三ベンチ 8:50 --- 富士見ベンチ 9:15 --- 9:50 合戦小屋 10:15 --- 11:25 燕山荘 12:30 --- 13:20 燕岳 13:55 --- 燕山荘 14:20

  行動時間合計 7時間50分(休憩含む)

★2日目

燕山荘 8:20 --- 合戦小屋 9:20 --- 富士見ベンチ 9:40 --- 10:30 第二ベンチ 10:40 --- 10:55 第一ベンチ 11:05 --- 中房温泉 11:30

  行動時間合計 3時間10分(休憩含む)

******************************************************************************************

昨年は旦那と二人でテントデビューした燕岳に今度はソロテントデビューをしにやってきました。
連休に仕事が入った旦那にブツブツ言ってゲットしたソロテントが上手く使えるかどうか、これから先も一人でも山に行けるかどうか試してみました。


朝5時半くらいに駐車場に到着。
この時点でほぼ埋まっていました。さすが連休。
朝ごはん食べたり、食料詰めたりともたもたしているとあっという間に6時半。
何はともあれ、出発です。

登山口


最初はお天気もまずまずで、木漏れ日の中を歩きます。
第一ベンチ、第二ベンチまで順調に進みました。
第一ベンチにはちょっと行くと水場があるようですが、行きはスルーしました。
第二ベンチまではあっという間。かなりの混雑でしたが何とか座れたのでここで休憩しました。

登山口-第一ベンチ_木漏れ日 第一ベンチ 第二ベンチ 第二ベンチ_大賑わいのベンチ


ここまでは、荷物の重さも特に気になりません。他に調子の悪いところがないかもチェックしますが、問題なさそうです。

第二ベンチから第三ベンチの間が意外と急でちょっとペースが落ちました。
何度も追い越されて、情けないな~と思いながら第三ベンチに到着です。

第三ベンチ


同じようなペースで登っている、同じく天泊ソロの女の子にお先に~と声をかけられました。
こちらも後を追うように出発しました。
途中でちょっと開けたところがありましたが、ありゃりゃ・・・。ちょっとガスって来ているようです。

第三ベンチ-富士見ベンチ_展望


すぐに富士見ベンチですが、そんなに休憩してばっかりも何なので通過。
途中で、ナナカマドの実とカニコウモリを発見。さすがに時期的に紅葉もまだだし、お花もほとんどないです…。

富士見ベンチ 富士見ベンチ-合戦小屋_ナナカマド 富士見ベンチ-合戦小屋_カニコウモリ


富士見ベンチを過ぎて程なくすると合戦小屋です。途中ではあと○分で合戦小屋ですとか案内が出ていました。

合戦小屋ではさっき声をかけてくれた女の子としばしお話。
どうやらこの女の子は中房温泉から大天井岳・蝶ヶ岳を経由して上高地まで縦走されるそうです。すごいな~。かっこいいな~ 
むむ、いつかやってみたいぞ

合戦小屋周辺はこの時はまだ紅葉もほとんどしていなくて、ナナカマドの実だけが赤く目立っていました。

合戦小屋 合戦小屋_ナナカマド


またもや女の子は先に出発。燕山荘でまた会いましょうね。

ここから先は、大した距離ではないはずですが何だか遠く感じます。
燕山荘に近づいてくるにつれて少しだけ紅葉が始まっていました。クロマメノキにまだ実が残っていて美味しそうでしたが、ガマンガマン。

合戦小屋-燕山荘_紅葉1 合戦小屋-燕山荘_紅葉2 合戦小屋-燕山荘_クロマメノキ


途中で、三角点のある広場?を通り過ぎて回り込むように山荘に出ます。
ようやく燕山荘に到着です。

合戦小屋-燕山荘_三角点 合戦小屋-燕山荘_紅葉3 燕山荘


ここでザックを降ろして、受付します。
いつも旦那にやってもらっている受付を自分でやって、ちょっとドキドキ。

テントの札をもらってサイトに戻る途中で、あの女の子を見つけて談笑。お疲れ~。

さて、ここからが今回のメインイベント。テント設営。

これまでと違うのは一人なだけだし、そんなに難しくもなく・・・。

なーんて言いたいところですが、プロモンテと違って入り口側のフライの取り付け方にちょっとてこずりました。あと、意外とポールをハト目に入れるのに力が必要でした。予行演習もなしにやるからそうなるんだけどさっ。
そうそう、グランドシートが外れているのを教えていただいたおじ様、ありがとうございました。

このおじ様、合戦小屋で私が写真を撮っている姿を写真に撮ってくれたそうです。
どうやらナナカマドの写真を撮ってる姿が堂に入っているらしく印象に残ったそうなんですが、こんなんが被写体で良かったのですかね???
多分、写真がいっつもブレるのでしっかり構えようとしている所が堂に入っているように見えたのかもしれませんが…



それでも何とかテントの設営を完了!目標の半分はクリアーだな、よっしゃ

テント 今日の我が家。

さて、設営したしちょっと時間もあるので燕岳に向かいました。
ガスガスだけど、一応登っておこうかということで。

イルカ岩やメガネ岩を眺めながら1時間ほどで山頂です。

燕山荘-燕岳_イルカ岩 燕山荘-燕岳_ツツジの紅葉 燕山荘-燕岳_コケモモの実 燕山荘-燕岳_メガネ岩
燕岳_証拠写真


一度来てるしガスガスなので休憩したら即戻りました。
戻ってから、山荘周辺をプラプラ。
大天井岳方面を眺めながら、行ってみたいな~って一人ボーっとしていました。

それも飽きたので、山荘に戻ってビールを調達。
生ビールがあるとのことだったのでテラスで飲んでみることに。

燕山荘_生ビール(小)


一人だったので、端っこの方で飲んでいたら隣のテーブルの方に誘っていただけました。
いろいろご馳走になってしまいました。ご馳走様でした。
この方達は富山の山の会の方々で、かなりのベテランさん達で色んなお話が聞けました。
しかも、その中に富山県の救助隊の元隊長さんもいらっしゃいましたよ。そんな大物と一緒にお酒なんてめったにありませんね~。びっくりでした
でも、とーっても気さくな方々で富山の山においでよ~と言って頂けました
そうそう、数日前にこの方々からこの時の写真を送っていただきました。
ちゃんと届きましたよー。本当にありがとうございました。
またいつの日か是非お会いしたいです

ビールも飲み終わって、暗くなりつつあったのでテントに戻ることにしました。
完全に暗くなる前に夕飯です。真っ暗になる前には寝る準備もしたいしね。
夕飯も食べ終わり、あれこれとしていると少しだけ燕岳が顔を覗かせてくれました。

夕暮れ 夕飯 テント場 燕山荘から燕岳


真っ暗になってきたのでさあ寝ようかと思ってお手洗いに行くと、麓の町の明かりが少しだけ見えました。

夜景1


テントの中で暇だったのとお天気が気になるので、ワンセグケータイでTVを見てみました。
お天気はどうやらイマイチの模様。ちぇ。
何とか撤収だけは降られたくないんだけどなと思いながら眠りにつきました。

2日目に続く。

banner_04.gif まずは1日目。クリックよろしくお願いいたします

Secret

TrackBackURL
→http://mountainskyflower.blog78.fc2.com/tb.php/86-4e88a43d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。